おススメ記事
広告

南朝鮮「外貨準備」合衆国公債が増えて18億ドル分ナニが減った?

広告

10月16日、アメリカ合衆国財務省から「08月末時点」で合衆国公債をどの国がいくらぶん保有しているのかを示した「MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES」のデータが公表されました。

これによれば、韓国は合衆国公債を08月末時点で「1,178億ドル」分保有しており、07月末時点の「1,170億ドル」から「8億ドル」増加しています。

⇒データ引用元:『アメリカ合衆国財務省』「MAJOR FOREIGN HOLDERS OF TREASURY SECURITIES」
https://ticdata.treasury.gov/Publish/mfh.txt

韓国の外貨準備は、すでに韓国銀行が09月末時点まで発表していますが、08月末時点まで戻ってみます。同じく韓国銀行の公表によれば、証券類は08月末時点で「3,710億ドル」あり、07月末時点「3,720億ドル」と比べて「10億ドル」減っています。

データ引用元:『韓国銀行』「Korea’s Official Foreign Reserves(As of the end of August 2019)」
http://www.bok.or.kr/viewer/skin/doc.html?fn=201909030149011730.hwp&rs=/webview/result/E0000634/201909

つまり、合衆国公債が8億ドル増えたのに、何らかの証券類が18億ドル分減ったわけです。リスクの小さいといわれる合衆国公債を増やし、何が18億ドル減ったのでしょうか?

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮の外貨準備の内訳 保有する証券類の中身は何だ?
日韓対立によって韓国の経済状況について日本人の関心が高まっています。特に韓国が通貨安からドボンになるのではないかという懸念もあって、韓国の外貨準備が注目されます。 韓国の08月末日時点の外貨準備の内訳 2019年09月0...
韓国・外貨準備のウソが露呈した日
国際経済の統計は非常に面白く、それを見ること、分析することが一つの趣味になるほどです。各国の経済を見ることは、その国の本質を見ることでもあります。数字はウソをつきませんからね。しかし、公表されている数字自体がウソで、そのウソが一気に...
海洋国と大陸国の激突は必然 海洋国の「勝利」も必然
御大の「エアパワーとしての空母」より長いですが引用します。 <<引用ここから>> (前略) 大ざっぱにくくるならば歴史は大陸国と海洋国の闘争で造り上げられている。考えてみればこれは当然、いや、必然といってもいい。 産...
タイトルとURLをコピーしました