毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

「香港人権・民主主義法案」上院採決へ進むか?

from Sponsor

香港の自由が守られているかどうか、アメリカ合衆国政府に確認することを義務付ける「香港人権・民主主義法案」(Hong Kong Human Rights and Democracy Act)。2019年10月15日に下院を通過しましたが、まだ法案(bill)で正式な法律(law)にはなっていません。

しかし、いよいよ上院の採決に進む機運が高まっています。合衆国上院外交委員会のジム・リッシュ委員長(共和党の議員です)は、11月12日、同法案を上院本会議で可決させたいと意欲を明らかにしました。

法案の内容が内容だけに、中国は内政干渉だと猛反発していますが、合衆国では超党派で「反中」の機運が盛り上がっているため、採決となれば上院でもあっさり可決しそうな勢いです。

もしかしたら、一番採決を望まないのはトランプ大統領かもしれません。「中国が貿易協議で譲歩するのであれば香港の問題については触れない」という約束をした、なんて話があるぐらいです。しかし、さすがに上院でも可決されたら、サインをしないわけにはいかないでしょう。

ミッチ・マコネル共和党上院院内総務がどのように対応するのかが見物です。もしマコネル院内総務が遅滞戦術を取ったら、トランプ大統領が「オレのところに持ってくるな」と考えている証左になるのでは?

「香港人権・民主主義法」とは?
アメリカ合衆国では香港のデモ騒動が大きく取り上げられており、中国による民主主義弾圧への反撃、その象徴的な出来事と捉えられています。このデモ騒動によって中国の人権侵害へ注目が集まり、2017年に議会に提出された「Hong Kong H...

(柏ケミカル@dcp)

中国の「国家情報法」とは? 「中国人・中国企業はスパイ」と言われる理由
アメリカ合衆国から「スパイ企業」と名指しされているファーウェイ(華為技術)ですが、創業者である任正非CEOは、09月12日、ファーウェイの持つ5G技術について、「ノウハウをライセンス販売するのはどうか?」という提案を行いました。 ...
中国の不動産業いよいよダメ 上半期だけで約9.3兆円の債券発行
先に、中国の私募債のデフォルト件数についてご紹介した際に、例として中国の不動産大手(中国で3位の規模とされる)『恒大集団』についてご紹介しましたが、現在中国では多くのメディアで不動産業者の行き詰まり感が報道されるようになっています。...
タイトルとURLをコピーしました