【続報】南朝鮮「ウォン安問題」12月04日は「1ドル=1,195ウォン」まで

2019年12月05日午前10時08分現在、韓国の通貨ウォンはおよそ「1ドル=1,188ウォン」あたりで推移しています(上掲チャートは『Investing.com』より引用/以下同)。

急速にウォン安が進行した昨日、12月04日(水)は結局どうなったかといいますと、上掲のように一時は「1ドル=1,195.90ウォン」まで達しましたが、強いウォン買い圧力によって終値は「1ドル=1,190ウォン」を切るところまで押し戻されました。

昨日の見どころは例えば、上掲のようなポイントでした。これは12月04日12時から14時半ばまでの1分足(ローソク足1本が1分間の値動きを示す)ですが、「1ドル=1,194.80ウォン」を上限にウォン安進行が止まっています。この後、上に破られウォン安はさらに進行しました。

他にも、上掲(22時過ぎから)のような激しい売買のあったポイントが散見されリングサイドの観客としてはなかなかの見物でした。一応、この記事を制作している時点ではとりあえず小康状態といったところです。

追記
12月05日22時段階での動きは以下の記事にまとめました。
ご興味のある方は参照ください。

南朝鮮「ウォン安」05日22時には「1ドル=1,190ウォン」を巡る押し合いに
ここにきて一般メディアでも韓国通貨「ウォン」の安値進行が取り上げられるようになっています。この記事を制作している2019年12月05日22時(日本時間)には「1ドル=1,190ウォン」近辺を巡る押し合いが繰り広げられています。 ...

(柏ケミカル@dcp)

「同盟」とは? 自業自得「韓国」の駄目な点3つ
2019年11月23日午前0時に失効する予定のGSOMIA(General Security of Military Information Agreementの略:軍事情報に関する包括的保全協定)でしたが、直前の11月22日17時...
南朝鮮「外貨準備」現金が減少! 過去最高とか言ってる場合なのか
2019年12月04日、韓国銀行が11月末段階での外貨準備高について公表しました。それによれば以下のようになります。 外貨準備高:4,075億ドル(前月末比:約11億ドル増加) <<内訳>> ⇒Securiti...
新大統領の「どうしようもない現状」その02「家計債務」
韓国経済の「どうしようもない現状」の続きです。今回は、韓国経済の問題点と指摘される「家計債務」についてご紹介しましょう。2015年にマッキンゼー(経営コンサルタント会社として世界的に有名な会社です)が、持続不可能なほど個人債務残高(...

コメント

  1. […] 【続報】南朝鮮「ウォン安問題」12月04日は「1ドル=1,195ウォン」まで […]

タイトルとURLをコピーしました