おススメ記事
広告

南朝鮮「ウォン安」10日(火)朝は「1,190-1,191ウォン」の攻防に

広告

韓国の通貨「ウォン」の動向から目が離せなくなっていますが、12月09日はかなり興味深い売買の攻防が見られましたが、結局下掲のように終値は「1ドル=1,189.68ウォン」と「1,190ウォン」を割るところで決着しました(チャートは『Investing.com』より引用)。

明けて本日12月10日(火)ですが、始値こそ「1,189.67ウォン」でしたが、すでに高値は「1,192.10ウォン」をつけており、午前10時前の段階でおよそ「1ドル=1,190-1,191ウォン」を巡る一進一退となっています。

本日の終値が「1ドル=1,192.18ウォン」を超えなければ、ウォン安トレンド変換の兆しとなるかもしれません。割と勝負所ではないでしょうか。

追記
12月10日(火)の夕刻、09日(月)と同じようにアカンぽくなってきました。
そのため以下の記事を追加しました。なぜ夕刻になのでしょうか?
https://money1.jp/archives/11511

(柏ケミカル@dcp)

「サムライ債」とは?
「サムライ債」とは、外国企業・金融機関など日本国外の発行体が日本の投資家向けに発行する債券のこと。発行された債券は日本の機関投資家などが購入するわけですから、円でお金を集める資金調達方法です。そのため「円建て外債」と呼ばれることもあ...
今度は「ウイグル人権法」合衆国下院で可決! 中国圧迫の動き止まらず
アメリカ合衆国の超党派議員による「中国の人権弾圧」に対する抗議アクションが止まりません。 先にトランプ大統領が署名し「香港人権・民主主義法」(Hong Kong Human Rights and Democracy Act)が...
南朝鮮「ウォン安」09日17時過ぎたらアカンぽくなってきた
先に2019年12月09日(月)には「じわじわウォン安進行」なんて記事を上げたのですが、17時過ぎたらなんとなく極めてアカンぽくなってきました。FXでいうところの欧州時間は割と平穏なものですが、上掲のようにウォン安トレンドが強くなっ...
タイトルとURLをコピーしました