おススメ記事
広告

南朝鮮「ウォン」10日(火)夕刻にまた一気の「ウォン安進行」

広告

見逃せない韓国の通貨「ウォン」の動向ですが、この記事を制作している2019年12月10日(火)18:15現在、以下のチャートのように終値:「1ドル=1,192.74ウォン」までウォン安が進みました(チャートは『Investing.com』より引用/以下同)。

いまだチャネルラインを割っているとは見えませんし、また先の記事でご紹介したとおり「1,192.18ウォン」を超えてウォン安に進んでいます。しかし、一方でここでウォン安進行を止められそうな気配も感じられます。まさにここがトレンド転換するかどうかの正念場かもしれません。

などと書いている15分の間に、上掲のとおり昨日と同じくびゅびゅっとウォン安が進行しました。ここでは「1ドル=1,193ウォン」近辺で買いと売りが交錯しだしました。時間といい、これは昨日と同じパターンです。値は1ウォンほどウォン安が進んでのもみ合いですが・・・・・・。

続報
10日はなかなか興味深い売買の攻防でした。続報として以下の記事を制作いたしましたので、ご興味がある方はぜひご一読くださいませ。

⇒参照:『Money1』「南朝鮮「ウォン安」10日は激闘だったか どつき合いの時間帯も」
https://money1.jp/archives/11527

(柏ケミカル@dcp)

「統一朝鮮」いくらかかる? 推定4兆ドル(約432兆円)
統一朝鮮への希望を抱いている大統領が韓国におり、そのため同国は北朝鮮に秋波を送り続けています。統一は民族の悲願という気持ちは分からなくもありませんが、実際にそれが成ったときにどのようなことが起こるのかはあらかじめ計算しておく必要があ...
404 NOT FOUND – 『Money1』
お金を増やすための情報サイト
南朝鮮「ウォン」高安の適正レートは極めて狭いレンジ?
韓国にとって適正なドルウォンレートはどこなのか <<前段の記事は以下です>> ここからは強引な推測です。仮に、韓国と通貨当局がこれ以上のウォン安を許さないというレートを直近のドタバタから「1ドル=1,200ウォン」、...
タイトルとURLをコピーしました