おススメ記事

韓国『サムスン電子』えっ、ボーナスゼロ?の衝撃。半導体部門は寒い冬

広告

2022年の後半から2023年、世界的な半導体需要の低迷によって、韓国企業も大きな打撃を被りました。

韓国経済の屋台骨を支えているといっていい『サムスン電子』は以下のような業績です。

2023年第1~3四半期累計
総売上:191兆1,556億ウォン-17.52%
営業利益:3兆7,423億ウォン-90.42%
当期純利益:9兆1,423億ウォン-71.26%

( )内は対前年同期比の増減

営業利益は対前年同期比で9割蒸発しました。黒字にはなっていますが、半導体事業を担当するDS部隊は大赤字でした。

DS部門(2023年第3四半期)
総売上:16兆4,400億ウォン
営業利益:-3兆7,500億ウォン

第1~3四半期累計では「-12兆ウォン」を超えます。

このような結果ですので、当然企業としてはボーナスを絞らないといけません。今年の冬の『サムスン電子』のボーナスが「寒い」結果になったとメディアが報じています。

『エコノミスト』の記事から一部を引用すると、以下のような具合です。

(前略)
28日、業界によると、『サムスン電子』は事業部別の超過利益成果給(OPI)の予想支給率を発表した。

OPIは従業員の間で「年末ボーナス」と呼ばれる制度だ。

『サムスン電子』はOPIを通じて個人年収の最大50%を毎年1回、成果給として支給している。

所属事業部の業績が年初に設定した目標を超えた場合、超過利益の20%限度内で成果給を支給する。

OPIは、目標達成奨励金(TAI)と共にサムスン電子の代表的な成果給制度として挙げられる。同社はTAIを通じ、毎年上・下半期に1回ずつ実績を基に所属事業部門と事業部の評価を合わせ、最大で月基本給の100%、差をつけて支給している。

この日、発表されたOPI予想支給率に「衝撃的な数字」が出た。

半導体事業を担当するデバイスソリューション(DS)部門のOPI予想支給率が0%に設定されたからだ。

先に公開されたDS部門のTAI支給率も12.5%で平年比で大幅に下落した。

DS部門の中でもファウンドリ-システムLSI事業部の下半期のTAI支給率は0%となった。下半期に成果給自体を受け取れない従業員が発生したことになる。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「역대급 불황에…삼성 반도체 성과급 ‘0원’, 스마트폰은 ‘방긋’」

業績がよくなかったので、『サムスン電子』といえども「年末ボーナスがゼロ」という人が出る模様。

これは辛い結果です。

『エコノミスト』の同記事によれば、従業員の中からは「景気が悪かったとはいえ、成果給がこれほど縮小するとは思わなかった」「景気が悪くなったのは従業員のせいではないだろう」などの声が上がっている――とのこと。

『サムスン電子』半導体事業関連に務める皆さんにとっては寒い冬になるようです

ただし正確なOPIなどは現在まだ計算中とのこと。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました