おススメ記事

「中国の国策チーム」資金投入に追い込まれたか。

広告

中国の株価下落が止まらない――と一般紙まで報じるようになっています。

中国投資家の皆さんが在中国アメリカ合衆国大使館、在中国インド大使館のWeiboアカウントにまでSOSを発信するような惨状です。

先に『Bloomberg』は、

中国当局が国有企業のオフショア口座から2兆元を持ってきて、これを株式市場に突っ込んで株価を支えるなどのパッケージを用意している――と報じていました。

しかし、それでも株価は下がったのです。「この話はどこに行ったんだ?」「だだの口先介入か?」だったのですが、春節(旧正月)の連休前に資金投入をせざるを得なくなった――という見方が出ています。

2024年02月06日(火)に“国策チーム”が市場を救うために介入した」というニュースが流れました。

チャートを見てみましょう。まず、上海総合です(チャートは『Investing.com』より引用/日足:以下同)。

2024年01月29日~02月05日の6営業日連続で下落していたのですが、これが02月06日に雄々しく反騰。07日の陽線となりました。仮にこれが「国策チーム」の資金投入によるものだとすれば、これほど露骨な介入はありません。

次に香港ハンセンです。

さすがにハンセンは、上海のように単純ではありませんが、それでも06日(火)は稀に見る陽線となりました。

『Wall Street Journal』は、先にCSI 300指数と上海総合指数に連動する中国の5大ETFが01月に202億ドルの純資金を受け取ったと示しており、流入額は月平均の10倍以上であった――と報じました。このような動きは、中国の「国策チーム」が蠢動していると見えます。

「国策チーム」が資金を投じても流動性を失うだけではないか――という見方もあります。

つまり、購入したものを売るわけにもいかないからです(売ったら下がるので)。当局の資金が、上がる見込みのさっぱりないものに投じられ、そこに固定されたら――動かせなくなったらどうなるでしょうか。

資金を投じれば投じるほど、「国策チーム」の流動性がドンドン小さくなっていきます。また、玉も無尽蔵にあるわけではありません。

それこそ「誰でもいいから資金を投じてくれ」と懇願する事態になるのではないでしょうか。

間もなく02月08日(木)の市場が開きます。09日(金)から中国の市場はお休みです。さあ中国の「国策チーム」は春節に逃げ込めるでしょうか。08日の終値はどうなるでしょう。

ご注目ください。

ちなみに、02月07日、中国の国務院は「証券監督管理委員会」のトップである易会満さんを解任しました。傑作です。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました