from Sponsor

南朝鮮「ウォン」抵抗線の固さを再確認

from Sponsor

2020年01月14日(火)に「なんだコレ」な値動きを見せた韓国の通貨「ウォン」ですが、16日(木)13:40現在(日本時間)は以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

結局14日がウォン安方向で決着したため、15日、16日とウォン安の上を試す展開が続いています。しかし、ローソク足の上ひげが長いことからも分かるとおり、下(ウォン高方向)への圧力も強いのです。

しかし、一時は破られることが懸念された、およそ「1ドル=1,154ウォン」に引ける「『ウォン高』のレジスタンスライン(抵抗線)」は今回も機能しました。

上掲のとおり、これでこの抵抗線は4回も「これ以上のウォン高は許さない」とばかりにウォン高圧力を跳ね返したことになります。このラインはかなり固いですが、以前ご紹介したとおり、まだ三角持ち合いの中で値動きしています。

これが「どのように破られるか」が問題です。

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「ウォン」14日は結局「ウォン安」方向へ なんだコレ
南朝鮮「ウォン」14日は結局「ウォン安」方向へ なんだコレ
南朝鮮「ウォン」ブレイクの行方と注目ポイント
韓国通貨「ウォン」の行方が面白い興味深い局面にさしかかっています。現在は、上掲のように「ウォン高」方向に触れているのですが、以下のように少し引いてチャートの全体像を見ると三角持ち合いになっていることが分かります(チャートは『...
南朝鮮「ウォン」結局08日は天地「19ウォン」も変動
通貨安進行が見られた韓国の「ウォン」ですが、結局2020年01月08日は劇的な変動でした。ひと言でいえば「無茶苦茶」です。以下をご覧ください(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 長大な上ヒゲが...
タイトルとURLをコピーしました