おススメ記事

韓国「地方政府がまた保証をバックレた」400億は誰が返済する?

広告

またやりました。

2022年10月に「短期資金調達市場」を阿鼻叫喚の地獄絵図に陥れた「韓国レゴランド騒動」と、ほぼ同じ構図です。

債務不履行に至るまで……

まずハコモノの企画がありました。今回の舞台は、全羅北道・南原市です。


↑韓国の国宝にも指定されている「広寒楼」があります。そもそもは1419年に黄喜(ファンヒ)という重臣が南原に流刑になりました(朝鮮は流刑ばっかりなのです)。その際、失意の身を慰めるために建てた楼閣が「広通楼」。1444年に文官(&学者)の鄭麟趾(チョン・インジ)が、月の国の美女が住むという宮殿「広寒清虚府」になぞらえて「広寒楼」と呼び――それが定着したといわれます。しかし、豊臣秀吉の朝鮮征伐「慶長の役」の際に焼失し(秀吉テヘペロ)。1683年に再建され、現在に至っています。

『廣寒樓苑』(上掲写真)と『春香テーマパーク』(下掲写真)など、周辺の有名観光地を結ぶ観光型モノレールとジップラインを設置して運営する事業を考案しました。


↑『春香テーマパーク』は、『春香伝』をモチーフにしたテーマパーク。日本人はほとんどがご存じないでしょうが、『春香伝』というは、李氏朝鮮時代の説話で、妓生の娘と両班の息子の身分違いの恋愛を描いています。韓国で最も有名な古典文学です。

この事業を行うという民間事業会社がコンソーシアムを作り、PF(プロジェクト・ファイナンス)で事業資金を獲得しました。投入された事業費は「383億3,800万ウォン」。

約400億ウォンです。

毎度おなじみですが、債券を発行し、その保証を南原市が引き受けたのです。

この時点で「嫌な感じ」しかしませんが、これまた案の定、事業は収益性がまるでなく、民間事業会社・コンソーシアムは債務不履行に陥りました。


↑「AirLine」というモノレールも造ってしまいました(事業主が飛んだので現在は乗車できません)。

ここからの展開も『韓国レゴランド』と瓜二つです。

当然、債権者は、債券を裏打ちした南原市に向かいます。ところが、南原市の新市長(2022年06月01日に行われた全国同時地方選挙で左派・進歩系がボロ負けした)は、前市長が推進した「観光開発計画」の見直しに着手。

【速報】韓国で与党圧勝!李在明は当選でセーフ。しぶとい
2022年06月01日、韓国で「全国同時地方選挙」が終わりました。結論からいえば、現与党『国民の力』の圧勝です。17の第一級行政区画のうち、12で『国民の力』候補が押さえました。ソウル:『国民の力』釜山:『国民の力』大邱:『国民の力』仁川:...

「この事業は採算性が甘かったんじゃないのか」と示唆。事業会社が飛んでるので、結論からいえば、全くそのとおりなのですが、ここからがいけません。

南原市はこの保証を放棄したのです。無責任にも「知らんがな」で逃げました。

『韓国レゴランド』と全く同じ事態です。

地方政府が保証を引き受けた債券が、すっかり回収の見込みがなくなりました。

キーは、「地方政府が裏書きしたのにその保証が履行されない」という点です。地方政府が保証をつけて、格付けが優良な債券であっても信用がおけない――と再び示したことになるのです。

2022年10月の『韓国レゴランド』ショックの際には、短期資金調達市場において金利が急騰。まさに阿鼻叫喚の地獄絵図となりました(以下の過去記事を参照してください)。

韓国「凍りついた債券市場」金利11.6%の無茶苦茶。取引自体も101兆ウォン減少!
韓国レゴランドのABCP(Asset-BackedCommercialPaper:資産担保コマーシャルペーパー)が不渡りを出したことをきっかけに、短期資金調達市場の金利が急騰して二進も三進もいかなくなっています。韓国政府が流動性確保のために...

今回は、そのときの2,050億ウォンに比べて400億とひと桁小さい金額なので、「大丈夫だろう」という予測もあります。実際影響は小さくて済むかもしれません。

しかし、「起こったこと」は深刻です。地方政府の保証などアテにならないことを示しているからです。

旧正月の連休で現在、市場が開いていません。開いたらどうなるのか、市場がどう判断するのかが見ものです。

連続性を担保せず、信用のおけない韓国

↑本件を訪じるYouTube『MBCニュース』チャンネル

韓国の地方政府はバックレるのか? という話です。当然これは地方政府、公的機関の信用問題になります。当たり前ですが、ひいては中央政府、国としての信用問題にもつながります。

「大統領が変わったから約束は反故ほごです」なんて国と契約するバカはいません。国際的な信用は地に落ちることになるでしょう(だから日本人は韓国を信用しないのです)。

韓国の皆さん(特にエラい人)が愚かなのは、すぐ「オレの約束したことじゃないもん」などと考えることです。企業などの法人もそうですが、地方政府、中央政府、公的機関に求められるのは「連続性の担保」と「信用」です。

市長が約束し、市としてハンコをついた契約は、市長が変わろうが「市」として責任を取らねばなりません。

それは前任者が約束したことでオレは知らん――このような言い訳が通るような話ではないのです。

韓国の皆さんは、「世界中が韓国を称賛している」などという夢を見る前に、自身の姿をよくかえりみて、外国から信用される条件を満たしているのかを再確認する――のがお勧めです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました