おススメ記事

韓国「尹大統領と韓東勳(ハン・ドンフン)」また現場で会う。

広告

韓国の総選挙(2024年04月10日投開票)が迫っています。

先にご紹介したとおり、元法務部長官である韓東勳(ハン・ドンフン)さんが与党『国民の力』の非常対策委員会の委員長に就任し、新しい風を起こすいい感じだったのですが……親尹派と目される人物が韓東勳(ハン・ドンフン)委員長に対して騒ぎを起こし、内紛が勃発。

あほらしいことに、『国民の力』が割れそうになりました。

2024年03月22日、京畿道平沢市の海軍第2艦隊司令部で「第9回 西海守護の日」記念式典が開催されました。

この式典に尹錫悦(ユン・ソギョル)大統領が出席。韓東勳(ハン・ドンフン)委員長も出席したので、うまいこと2人が直接話をする機会となりました。


↑北朝鮮に攻撃を受けた天安艦の船体を見学しながら話す2人。

尹大統領は「このように明らかに挑発と攻撃を受けたにもかかわらず、自爆だとか歪曲、操作、扇動して犠牲者を侮辱することがある。反国家勢力が足を踏み入れられないようにしなければならない」と述べ、韓東勳(ハン・ドンフン)さんは「必ず阻止しなければなりません」と答えたとのこと。

尹錫悦(ユン・ソギョル)さんと韓東勳(ハン・ドンフン)さんは、師弟であり、戦友でもあります。2人の仲が険悪になるような、どんなことも起こってはなりません。

韓国の政界は足を引っ張り合う録でもない関係ばかりですが、だからこそ尹錫悦(ユン・ソギョル)さんと韓東勳(ハン・ドンフン)さんは最後まで友誼を損わないでいてほしいものです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました