毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

中国「人民元」02月03日(月)本当に暴落するか?

from Sponsor

中国は、新型コロナウイルスのアウトブレイク(パンデミックに近くなっていますが)によって、春節明けの金融市場再開を02月03日(月)に延期しました。明日再開されるわけですが、巷間「03日には人民元オンショアが暴落する」といわれています。

確かに大幅に安値方向に動くのが当然という環境ではありますが、どうなるかは蓋を開けてみないと分かりません。というのは、「人民元(オンショア)」のレートは中国人民銀行が毎朝「基準値」を発表し、その上下2%以内で変動することになっているからです。

Money1では何度もご紹介していますが、中国こそ完全な為替操作国で中国人民銀行(中国政府から完全に独立しているわけではないので、中国政府といってもいい)の意向によってレートを自分の都合でコントロールしていやがるのです。

02月03日の中国政府の出方について二つの考え方があります。

1.暴落までいくとドル建て債務の返済、エネルギー輸入などに大きな影響があるので、ある程度の下落は仕方ないにしても基準値を抑える。

2.人民元安になると合衆国に課せられた追加関税を相殺できるなどの効果があるので、これ幸いと大きく通貨安方向に誘導する。合衆国との貿易協定で「通貨切り下げを控える」と合意したのでうかつなことはできなくなったが、新型コロナウイルスの影響なら仕方がないだろうと言い訳もできる。

危機時にはドルと連動して相場を固定するなど、中国は経済環境によって相場を操作してきました。今回の新型コロナ相場にはどう対応するのかが注目されています。

人民元には「オンショア」と「オフショア」があります。オンショアの人民元は「CNY」の略称で中国本土で取引。オフショアの人民元は「CNH」の略称で香港で取引。

(柏ケミカル@dcp)

「人民元」の取引には「オンショア」「オフショア」の2種類がある!
中国の通貨「元」の取引・決済には「オンショア」と「オフショア」の2種類があることをご存じでしょうか? 経済のニュースなどでも中国の元については、「オフショア元の取引」といった記載を見かけるでしょう。 ■人民元の取引・決済は「中...
中国「元高」これで関税を相殺できなくなった! 自らの首を絞めたのだよ
アメリカ合衆国が中国を「為替操作国から外した」という報道が出ました。中国との貿易協議で、「人民元切り下げを行わないという『実行可能なコミットメント』を行ったほか、為替のデータ公表に同意した」ための措置だとされています。 ⇒参照...
中国「スパイ問題」今度は「パトリオット」ミサイルの機密窃盗が発覚!
欧米ではこのところ中国人による機密窃盗、つまりはスパイ事件が次々に明らかになっていますが、なぜか日本のメディアではあまり報じられません。 アップルに勤務していた中国人エンジニア陳継忠は、企業秘密を中国企業に渡すために盗んだとし...
タイトルとURLをコピーしました