毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor

「韓国ウォン」19日夕刻・「1,190ウォン」のもみ合い ウォン安圧力が強い理由は……

from Sponsor

夕刻より深い時間になりましたが、先の記事の続きで2020年02月19日(水)19:36現在(日本時間)の韓国通貨「ウォン」の状況です(チャートは『Investing.com』より引用)。以下のローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」のチャートをご覧ください。

先の記事で「ここが破られると、どこかで値を止めなければ『ウォン高』進行に反転」なんて書いた途端、スポーンと下(ウォン高方向)へ抜かれました。株式やFXを取引される方ならよくご存じの「上がらなきゃ下がるよ」を地でいく展開でした。

ただ、およそ「1ドル=1,189.50ウォン」で反転し、再度ウォン安方向へ向かい、いったんレンジ(一定の値幅で相場が動くこと)に入ります。その後、また以下のような局面に。

一時「1ドル=1,191.70ウォン」まで達するのですが、そこでレンジっぽくなって、再度「上がらなきゃ下がるよ」で下(ウォン高方向)へ。現在は、「1ドル=1,187.77ウォン」まで下げて立て直し、再度ウォン安方向へ向かっているところです。

「1ドル=1190.00ウォン」のキリ番を上下する攻防に移行しています。ここまでウォン安圧力がしぶといのは、実はドルの強まりにあります。以下の「ドルの強さ」を示す「DXY」指数のチャート(日足)をご覧ください。

ドルの強まりが止まりません。昨日の深夜にニュースをチェックされていた方はご存じかと思われますが「為替市場でリスクオフ傾向強まる」という報道があったほどで、世界の基軸通貨ドルの強まりは、当然ながら新興国通貨の安値を進行させます。つまり、リスクオフのため基本的にローカルカレンシー「ウォン」にかかる安値圧力は強いのです。

追記
2020年02月19日(水)が締まりました。結局ウォン売り圧力が最後まで強く、さらなるウォン安の進行となりました。以下の記事にまとめましたので、本記事と併せてお読みいただければ幸いです。

「韓国ウォン」19日決着・ウォン安「1,192ウォン超」確定!「防衛線」まであと8ウォン 
通貨安トレンドがどこまで続くのか注目されている韓国通貨「ウォン」。ドルの強まりもあって基本的にウォン売り圧力が高まっていた2020年02月19日(水)が締まりました。ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Inve...

追記
本記事の続きを以下の記事にまとめました。いったんはウォン高方向へ沈んだのですが、反転してまたウォン安へ戻りました。実にしぶとい動きを見せています。以下の記事も併せて読んでいただけると幸いです。

「韓国ウォン」19日深夜・しぶとくウォン安「1,191ウォン」
2020年02月19日01:27現在(日本時間)のドルウォンチャートの状況をご紹介します(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 先の記事では1分足でしかご紹介しませんでしたが、上掲は日足です。上...

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「株安」KOSPIはダウと連動していない? そんなことはない
アメリカ合衆国の株式市場の動向は、世界中に影響を与えます。韓国の株式市場は合衆国市場の動きと連動していない、なんていわれることがありますが、そんなことはないです。以下は、「NYダウ30」と「KOSPI(韓国総合株価指数)」を比較した...
「国際金融のトリレンマ」「不可能な三角形」「不整合な三角形」とは?
国が取り得る通貨政策において、「Sovereign Monetray Policy(独立した金融政策)」「Fixed Exchange Rate(固定相場制)」「Free Capital Flow(自由な資本移動)」の3つの方針を全...
「同盟」とは? 自業自得「韓国」の駄目な点3つ
2019年11月23日午前0時に失効する予定のGSOMIA(General Security of Military Information Agreementの略:軍事情報に関する包括的保全協定)でしたが、直前の11月22日17時...
タイトルとURLをコピーしました