おススメ記事
広告

【上がらない!】「サムスン電子」を信じた韓国の個人投資家は「損」抱えている

広告

この経済の危機的状況にも関わらず、韓国では時ならぬ株式投資ブームが起こっています。Money1でも何度かご紹介しましたが、この株式投資ブームの主役は個人投資家です。

しかも将来成長しそうな企業に投資するのではなく、『サムスン電子』や『SKハイニックス』といった業績の堅そうな大企業の株式にお金を突っ込んでいるのです。

「韓国が滅びなければ……上がる!」と株式投資・ほぼ「サムスン電子」一点賭け
先からご紹介しておりますが、韓国株式市場では面白い現象が起きています。外国人投資家が韓国株式市場から資金を引き上げているのに真っ向勝負するかのごとく、韓国内の個人投資家が「買い」に走っているのです。 この国内の個人投資家「買い勢力」を...

「韓国が滅ぶようなことでもない限り大丈夫」という心理が根底にあり、新型コロナウイルス騒動で下がった今がチャンスと踏んでいるのです。

これはまあ分からないでもありません。アメリカ合衆国、日本でもそのような投資家は少なくないでしょう。

2020年05月05日『ソウル経済』に「135万『サムスンアリ』第1四半期の配当18万ウォンずつ受ける」という記事が出ました。その中に面白いデータがあるので引用します。

『サムスン電子』の株式に投資を行った個人株主は2020年03月末時点で135万7,033人
個人投資家が保有する株式総数は7億5,449万株
(平均すると株主一人当り520株を保有)

韓国の人口はおよそ5,100万人ですから、韓国人の38人に一人は『サムスン電子』の株式を保有していることになるのです。まさに国民的投資先といえるでしょう。

問題は次のデータです。

今年、同社の株式に投資した投資家の平均取得単価は「5万2,000ウォン

以下のチャートを見てください(チャートは『Investing.com』より引用)。

水色の水平線が「5万2,000ウォン」です。

新型コロナウイルス騒動によって『サムスン電子』の株価も大きく下がりました。回復はしているのですが、05月07日の終値で「4万8,800ウォン」と国民的投資先の割には上昇しません。

平均取得単価が「5万2,000ウォン」ですから、今年になってから同社の株式にお金を突っ込んだ人の大部分は「を抱えた状態」と考えられるのです。恐らく投資家の皆さんはじりじりしながら上昇を待っているでしょう。

さて、この個人投資家の思いはいつ報われることになるでしょうか。

⇒参照・引用元:『ソウル経済』「135万『サムスンアリ』第1四半期の配当18万ウォンずつ受け取る」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

(柏ケミカル@dcp)

広告
歴代最悪「財政赤字55兆ウォン」の韓国政府に「税収不足」の追い打ち!赤字は「120兆」超に膨らむ
これまでにご紹介してきましたが、新型コロナウイルス騒動で経済が危機的状態にあるため、韓国政府は多くの支援策を打ち出しています。この支援策に必要なお金はその大部分が政府の借金によって賄(まかな)われるため、財政赤字状態となっており、その額は「...
韓国経済を支える『サムスン』のスマホが一番「出荷台数」を減らした!
韓国経済の屋台骨を支えている企業『サムスン電子』といえば、半導体、スマホ、ディスプレーを主力商品としています。しかし、この主力製品のうち、スマホについては近年とみに先行きがあやしくなっているのをご存じでしょうか。 『STARATEGY...
韓国「国家債務」の雪だるま。加速をつけて借金増加!
韓国経済が危機的状況です。とにかくお金を回さないとどこかで連鎖破綻が起こりますから、韓国政府はあちこちにお金を融資をする段取りをしています。しかし、これは借金して調達するお金です。いつかは償還する必要があるわけで、政府が債務を際限なく膨らま...
【国際収支】に見る韓国経済「ドボンの兆し」。「韓国通貨危機」時に似てきました
2020年05月07日に韓国銀行から03月末時点での国際収支統計が発表されました。04月の国際収支では経常収支が赤字化するのではないか、といわれており、これについては韓国メディアでも大きく取り上げられています。 何がそんなに問題なのか...
タイトルとURLをコピーしました