【最新版】あれから服部平次は「せやかて工藤」と言ったか

【Fact1】調べた「驚き」を一生懸命書くサイトです

読んでみよう
from Sponsor
おススメ記事

親中なのに中国との「通貨スワップ」が心配という皮肉。中国は韓国とのスワップ延長に応じるか?

from Sponsor

アメリカ合衆国中国の対立が深まり、韓国はその間で板挟みになっています。

2020年06月02日、合衆国のトランプ大統領は来たる「G7首脳会議」に韓国を招待し、文在寅韓国大統領は快諾しています。しかし、一方で中国の習近平国家首席は「韓国を訪問する」と表明しています。

両方からラブコールをもらっているといえば聞こえはいいですが、要は両方からどっちにつくんだよ、といわれているわけです。

すでに韓国メディアから、「G7首脳会議」に参加するのはいいけど中国は怒らないか?と心配する声が挙がっています。また一部メディアからは中国との「通貨スワップ(協定)」(一応韓国の表記に合わせて( )協定を入れ「 」でくくります)の継続について懸念が表明されているのです。

『中央日報(日本語版)』(出た!)の「韓国、米中との通貨スワップ延長で対外安全弁拡充」という記事などもその例といえるでしょう。

なぜこんな心配をしているかというと、対中「通貨スワップ(協定)」が2020年10月09日に満期を迎えるからです。

韓国が締結しているとする「通貨スワップ(協定)」をまとめてみますと以下のようになります(表組は横にスクロールできます)。

相手国最大融通額ドル換算※1
スイス100億スイスフラン104億ドル
マレーシア150億マレーシアリンギット34億5,000万ドル
オーストラリア120億オーストラリアドル82億8,000万ドル
インドネシア115兆ルピア81億6,500万ドル
中国3,600億元504億ドル
カナダ金額設定なし
アメリカ合衆国600億ドル(うち約200億ドルすでに利用)600億ドル
CMI(チェンマイ・イニシアティブ)384億ドル384億ドル
小計1,790億9,500万ドル

合衆国の「600億ドル」は2020年03月19日に合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)と締結した「ドル流動性スワップ」。

こうして見ると中国と締結している(とする)「通貨スワップ(協定)」の金額がいかに大きいか分かります。

現在の文在寅政権は媚中派と断定できますが、それなのに中国との「通貨スワップ(協定)」の契約延長が心配になるというのはなんとも皮肉という他ありません。

各通貨からドルへは2020年06月04日の以下の換算レートを使用。
「1スイスフラン=1.04ドル」
「1マレーシアリンギット=0.23ドル」
「1オーストラリアドル=0.69ドル」
「1ルピア=0.000071ドル」
「1人民元=0.14ドル」(オンショア)

(吉田ハンチング@dcp)

from Sponsor
【借金急増の韓国】銀行の不良債権「16兆ウォン」増加! 銀行の健全性に要注目
韓国が経済的な危機に瀕しており、政府・企業・家計三拍子そろって大幅な借金増となっています。 問題になるのは「この借金が返せるのか」です。利子だけ支払ってロールオーバー(借り換え)ができればいいのですが、そのうち利子も返せなくな...
【韓国05月末の外貨準備】現金「12億ドル」減少!「通貨スワップ」返済用の「ドル」は大丈夫?
2020年05月07日、韓国銀行から04月末時点での韓国の外貨準備が公表されました。 以下のようになっています。 外貨準備高:4,073億ドル(約44兆3,155億円) (前月比:約33億ドル増加) <<内訳>>...
【韓国・フッ化水素】「日本に依存する必要はない」なぜソウルブレインは登場しないのか?
2020年06月02日、韓国は日本の「輸出管理強化」を不当としてWTO(World Trade Organizationの略:世界貿易機関)に提訴することを発表しました。 韓国でもこの件を大きく取り上げています。 2020年06...
【速報】またぞろ『中央日報』に「通貨スワップ」の記事登場。韓国が合衆国・中国と契約延長模索!
先日、なぜか『中央日報(日本語版)』には「通貨スワップ」の記事が多いという件をご紹介しましたが、またぞろ記事が出ました。 今度は「合衆国・中国」との「通貨スワップ」を延長すべし、とのことです。 以下に記事から引用します。 ...
タイトルとURLをコピーしました