おススメ記事
広告

「韓国ウォン」06月22日(月)初動・「1,213ウォン」うすくウォン安進行だが……

広告

韓国通貨「ウォン」の対ドルレートに着目しています。2020年06月22日(月)10:13現在(日本時間)、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。

現在のところローソク足は陽線で、薄いですがウォン安方向に進行しています。

ローソク足1本が1分間の値動きを示す「1分足」で見ると以下のようになります。

現在の天井は「1ドル=1,214.65ウォン」で、2回目のアタックも実らず、そのため当然ですが下落(ウォン高方向へ進行)しています。サポートラインがどうも頼りないので、これを抜かれそうな感じになっています。その場合には、天底圏までいく可能性があります。

先行き不安なウォン安進行ですが、また随時記事を制作し状況をご紹介するようにいたします。

追記
2020年06月22日(月)の韓国時間が終了しましたので、ドルウォンの状況を以下の記事にまとめました。本記事と併せてお読み頂ければ幸いです。

「韓国ウォン」22日(月)夕刻・ウォン安急伸で「1,216ウォン」寸前まで。しかし、もろそう。
2020年06月22日(月)の韓国時間※が終了しました。15:50現在、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 陽線でウォン安進行です。一時は「1ドル=1,2...

(柏ケミカル@dcp)

広告
韓国「国策銀行」がサムスンにドルを借りる恥ずかしい事態。そりゃ「通貨スワップ」を連呼するわけだ
2020年03月19日に『韓国銀行』はアメリカ合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)とスワップライン※1(韓国の言い方では「通貨スワップ」)を締結。すぐさまドルの調達に入りました。 この時期...
『大韓航空』とソウル市の「5千億のどつき合い」に市民が参戦!公園はもう要らない
例の土地問題です(笑)。 経営難に陥っている『大韓航空』は、ソウル市鍾路区松峴洞(ソンヒョンドン)に保有する約3万7000平方メートルもの土地を売却して資金繰りに充てたいのですが、ソウル市が勝手に「この空き地は公園にしまーす!」という...
海外進出した企業は「韓国には絶対に帰らない」。リショアリングが不可能な理由は簡単で……
アメリカ合衆国のトランプ政権は、企業の国内回帰、いわゆる「リショアリング」(re-shoring)を強く提言しています。日本でも安倍政権がそのための補償金を用意すると発言したことがあります。 実は、韓国も同様で文在寅政権が財閥系企業に...
『サムスン』のスマホは本当に売れているのか?韓国「輸出産業」の要「サムスンのシェア」現状
輸出産業国・韓国を支える『サムスン電子』の主力製品の一つがスマートフォン。 米市場調査会社『IDC』が発表したデータによると、2020年の第1四半期のスマートフォンの世界シェアはサムスンが21.1%でトップです。では、アメリカや中国、...
タイトルとURLをコピーしました