毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください
from Sponsor
おススメ記事

韓国「国策銀行」がサムスンにドルを借りる恥ずかしい事態。そりゃ「通貨スワップ」を連呼するわけだ

from Sponsor

2020年03月19日に『韓国銀行』はアメリカ合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)とスワップライン※1(韓国の言い方では「通貨スワップ」)を締結。すぐさまドルの調達に入りました。

この時期は世界的にドルの独歩高が進行し、ドルの流動性が著しく阻害された状況でした。韓国でももちろんドルが枯渇していたわけですが、その舞台裏の一端を明らかにする記事が、『韓国経済』に出ました。

なんと、韓国の国策銀行『輸出入銀行』が『サムスン電子』などの大企業からドルを調達しなければならないほどだった、というのです。

『毎日経済』の2020年06月18日の記事から一部を引用します。

(前略)
18日、関連業界によると、『サムスン電子』は、コロナ19で市場が凍りついた3月末に、今月初めにも『輸出入銀行』の外貨建て私募債数億ドルを買収したと伝えられた。私募債は公開募集ではなく、投資家個別に接触して証券を販売する債券をいう。

(中略)

しかし、3月末には、国内外の市場では、ドル品薄状態が発生した時期だ。金融機関がこの時ドルの流動性を十分に確保できない場合は、一時的な危機が来ることもある

このように流動性梗塞時期にしっかりとした外貨準備を備えた『サムスン電子』のようなグローバル企業が国策銀行が発行した外貨建て債券に電撃投資し、危機を越すために重宝されたという裏話だ。

⇒参照・引用元:『毎日経済』「コロナ発のドル品薄時…大企業が輸銀を救った」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

「重宝された」じゃないだろ、です。

ドルが枯渇した『輸出入銀行』は、「そうだ! サムスンには外貨預金がたくさんあるぞ!」と思いつき、それを借りる算段をしたわけです。

「私募債を発行するから、それをドルで買ってよ」と『サムスン電子』にもちかけ、(恐らく渋々)了承を取り付けて、ドルを調達したのです(なにせ副会長が逮捕されそうですから)。

「私募債」というのは、一般に広く投資家を対象とする公募債ではなく、特定の投資家に絞って直接取引を行う社債(企業が発行する債券)のことです。証券会社は通しません。

これは、国策銀行としてはかなり体裁の悪い、もっといえば恥ずかしい話です。

以下はイメージ図です。

韓国の国策銀行である『輸出入銀行』でドルが枯渇していたという話に驚きます。なんで国策銀行にドルがないんだよ!です。

そりゃ、ドル流動性スワップを利用した第一次調達で一気に約80億ドルも借りるはめになるでしょう。

さらにこれは、06月25日、FEDにきちんと第一次の返済ができるのでしょうか、と心配になる話でもあります。

『韓国銀行』は(世界的に赤っ恥をかかないために)FEDに返済するでしょうが、市中銀行から『韓国銀行』にドルは返ってくるのでしょうか?

※1韓国メディアは「通貨スワップ」、時に「通貨スワップ協定」と呼称しますが、紛らわしいのでMoney1ではFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)に従って「スワップライン」「ドル流動性スワップ」と記載します。本稿のタイトルだけはアンカーが韓国の表記に合せて「通貨スワップ」としています。

「日本でなく韓国が悪い」とボルトン断定!「歴史問題を提起するのは、日本ではなく韓国の大統領だ」
アメリカ合衆国のトランプ大統領によって、2019年09月に大統領補佐官を解任されたジョン・ボルトンさん。ボルトンさんの書いた回顧録があちこちで波紋を広げています。 いち早く入手したらしく韓国のメディアからも同書内の記述について批判が挙...

(柏ケミカル@dcp)

from Sponsor
『大韓航空』とソウル市の「5千億のどつき合い」に市民が参戦!公園はもう要らない
例の土地問題です(笑)。 経営難に陥っている『大韓航空』は、ソウル市鍾路区松峴洞(ソンヒョンドン)に保有する約3万7000平方メートルもの土地を売却して資金繰りに充てたいのですが、ソウル市が勝手に「この空き地は公園にしまーす!」という...
海外進出した企業は「韓国には絶対に帰らない」。リショアリングが不可能な理由は簡単で……
アメリカ合衆国のトランプ政権は、企業の国内回帰、いわゆる「リショアリング」(re-shoring)を強く提言しています。日本でも安倍政権がそのための補償金を用意すると発言したことがあります。 実は、韓国も同様で文在寅政権が財閥系企業に...
『サムスン』のスマホは本当に売れているのか?韓国「輸出産業」の要「サムスンのシェア」現状
輸出産業国・韓国を支える『サムスン電子』の主力製品の一つがスマートフォン。 米市場調査会社『IDC』が発表したデータによると、2020年の第1四半期のスマートフォンの世界シェアはサムスンが21.1%でトップです。では、アメリカや中国、...
【耳を疑う】あの『双竜自動車』をフォードが買う?本当に?
13四半期連続赤字の韓国の自動車メーカー『双竜自動車』。新型コロナウイルス騒動もあって売上が落ち込み、もはや崖っぷちどころかデフォルトまで秒読み段階です。 70%の支配権を持つ親会社の『マヒンドラ&マヒドラ』(インド企業です)も「新し...
タイトルとURLをコピーしました