おススメ記事
広告

【利益59%消失】韓国の中国貿易に大ブレーキ。確実に事態は悪化している

広告

韓国輸出1本で食べている国ですので、輸出でもうからないと国が傾きます。ですから貿易収支(輸出 – 輸入)は常に黒字である必要があります。

しかし、04月にはこの大事な貿易収支が赤字に転落しました。

新型コロナウイルス騒動のためではありますが、実は韓国の輸出は退潮の色を深めているのです。

中国は韓国にとって最大の貿易相手国だが……

現在、韓国の最大の貿易相手国は中国です。韓国の貿易相手国Top5とその金額を見ると以下のようになります。

金額前年比
第1位中国1,621億2,500万ドル14.1%増
第2位アメリカ合衆国727億2,000万ドル6.0%増
第3位ベトナム486億2,200万ドル1.8%増
第4位香港459億9,600万ドル17.6%増
第5位日本305億2,900万ドル13.8%増

⇒参照・引用元:『JETRO』「2019年版 ジェトロ世界貿易投資報告」
https://www.jetro.go.jp/ext_images/world/gtir/2019/04.pdf

比率で見ると以下のようになります。

中国がいかに韓国の貿易で大きなウエイトを占めているかが分かります。

対中国貿易の利益が「59%」減った!

現在、この最大の貿易相手国への輸出に大ブレーキがかかっているのです。

『韓国銀行』が2020年06月19日に公表した「2019年の地域別の国際収支(暫定)」というデータをグラフ化したのが以下です。

中国への輸出金額(オレンジの線)が2018年の「1,413億5,860万ドル」から2019年の「1,162億9,300万ドル」へと急下落しています。なんと250億6,560万ドルの減少です。

対して輸入は2018年の「959億6,360万ドル」から2019年の「977億5,880万ドル」へとむしろ増えています。

その結果、貿易収支(輸出 – 輸入)は2018年の「453億9,500万ドル」から2019年の「185億3,420万ドル」へと急減しました。

268億6,080万ドル約59.2%)も対中国貿易のもうけ(黒字)は縮小したのです。2019年の結果ですので、これは新型コロナウイルス騒動は関係ありません。

新型コロナウイルス騒動で2020年はさらに悪化することは確実です。

そうなのです。このままいくととてもマズイのです。今、韓国は最大の利益を上げていた市場で、もうけることができなくなってきたのです。

(柏ケミカル@dcp)

広告
韓国「国策銀行」がサムスンにドルを借りる恥ずかしい事態。そりゃ「通貨スワップ」を連呼するわけだ
2020年03月19日に『韓国銀行』はアメリカ合衆国のFED(Federal Reserve Systemの略称:連邦準備制度)とスワップライン※1(韓国の言い方では「通貨スワップ」)を締結。すぐさまドルの調達に入りました。 この時期...
『大韓航空』とソウル市の「5千億のどつき合い」に市民が参戦!公園はもう要らない
例の土地問題です(笑)。 経営難に陥っている『大韓航空』は、ソウル市鍾路区松峴洞(ソンヒョンドン)に保有する約3万7000平方メートルもの土地を売却して資金繰りに充てたいのですが、ソウル市が勝手に「この空き地は公園にしまーす!」という...
海外進出した企業は「韓国には絶対に帰らない」。リショアリングが不可能な理由は簡単で……
アメリカ合衆国のトランプ政権は、企業の国内回帰、いわゆる「リショアリング」(re-shoring)を強く提言しています。日本でも安倍政権がそのための補償金を用意すると発言したことがあります。 実は、韓国も同様で文在寅政権が財閥系企業に...
『サムスン』のスマホは本当に売れているのか?韓国「輸出産業」の要「サムスンのシェア」現状
輸出産業国・韓国を支える『サムスン電子』の主力製品の一つがスマートフォン。 米市場調査会社『IDC』が発表したデータによると、2020年の第1四半期のスマートフォンの世界シェアはサムスンが21.1%でトップです。では、アメリカや中国、...
タイトルとURLをコピーしました