おススメ記事
広告

次期「韓国大統領」候補No.1が「給付金100回支給しても大丈夫」と発言。想像力の欠如が露呈

広告

韓国政府の債務状況は心配ないと発言する人物が、韓国次期大統領候補ナンバーワンだそうです。

2020年08月28、韓国メディア『朝鮮日報』に見逃せない記事が出ました。

李在明(イ・ジェミョン)京畿道知事の発言を取り上げたものです。以下に引用します。

イ・ジェミョン京畿道知事は28日、「今後の災害支援金を50~100回支払っても、先進国の負債比率平均110%に達してない」とした。3・4次災害支援金を支給するのも「当然のこと」と述べた。

(中略)

知事は最近、CBSラジオでも「全国民に(災害支援金)30万ウォンずつ支給しても国が滅びつわけではない」とし「国家負債比率が40%を少し超える水準なので、30万ウォンずつ支給しても15兆ウォンで0.8%増えるに過ぎない」と主張した。

⇒参照・引用元:『朝鮮日報』「大統領候補1位イ・ジェミョン『災害支援金、30万ウォンずつ100回与えても大丈夫』」

李知事は、韓国の次期大統領候補ナンバーワンだというのですから恐れ入ります。

「韓国がロールオーバー不能になる」とはなぜ考えない?

韓国政府の債務比率40%そこそこだったのは文在寅大統領の「資金突っ込み」が始まる前で、第三次補正予算、「韓国版ニューディール」といったものへの資金投入が明確になっており、2023年には債務比率50%を超えると政府自身が認めています(以下記事)。

【借金が1,000兆超え】韓国政府自身が認める! 政府債務比率は50%を超える予定です
先に韓国政府の借金が雪だるま式に増えており、このままいくと「1,000兆ウォン」を超えるのも遠くないという件をご紹介しました。 なにせ予定どおり「849兆ウォン」まで増加したのは確定ですので。 2020年06月12日の韓国メディ...

たかだか0.8%だと考えているかもしれませんが、それを100回行っても大丈夫というのはどういう計算なのでしょうか。

また、「先進国の平均に達していない」というのもおかしな発言です。この先進国がどの国を指しているのかよく分かりませんが、確かにロールオーバーが可能であれば、借金を繰り延べしていけるかもしれません。

しかし、韓国はアメリカ合衆国や日本ではないのです。

債務が増えて110%に達する前にロールオーバーできなくなるかも、とはなぜ考えないのでしょうか。アジア通期危機の際に、韓国がドボンになったのは、まさにこの「海外の金融機関から信認を失ってロールオーバーできなくなった」からです。

韓国・外貨準備のウソが露呈した日
国際経済の統計は非常に面白く、それを見ること、分析することが一つの趣味になるほどです。各国の経済を見ることは、その国の本質を見ることでもあります。数字はウソをつきませんからね。しかし、公表されている数字自体がウソで、そのウソが一気に...

↑の記事でご紹介しましたが、当時の日本銀行の幹部がFRB議長だったアラン・グリーンスパンさんに告げた、

日本の銀行が韓国への信認を失って、数百億ドルの融資の更新を拒否しようとしている

というのはまさにそういう事態です。

なぜか韓国の人は、「韓国はもう先進国だから日本のように振る舞っても大丈夫」などと考えがちですが大きな間違いです。

韓国の通貨ウォンはローカルカレンシーで自国でしか使えず、対外純資産の規模もそこまで大きくありません(2019年時点で12位)ので海外の金融機関から日本ほどの信認があるわけではない、ということを認識しているべきなのです。

次期大統領候補の発言がこのようなもので大丈夫なのでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました