おススメ記事
広告

瀕死の韓国『アシアナ航空』結局「基幹産業安定基金」から2.4兆支援というオチ

広告

韓国第2位の航空会社『アシアナ航空』ですが、2020年09月11日、『HDC現代産業開発』による買収が完全に白紙となりました。買収契約が解除されたのです。

先に、『アシアナ航空』が「国有化みたいなもの」になった件はご紹介しましたが、これで完全に同社は債権団の管理下に入りました。国策銀行である『産業銀行』『輸出入銀行』が債権団を仕切っていますので、国策銀行の管理下で再建を目指すことにあります。

債権団は新たな売却先を探すとのこと。

それまではなんとか『アシアナ航空』を持たさなければなりません。

焦眉の急は同社が抱えている借金です。仕方がないので、韓国政府は「基幹産業安定基金運用審議会」で『アシアナ航空』に2兆4,000億ウォンを支援することを決定しました。

「40兆ウォン規模の韓国の基幹産業を支援する基金」と号してきた「基幹産業安定基金」が企業を救うところをようやく見られるわけです。

お手並み拝見です。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました