おススメ記事
広告

米国務省キーマンの発言に「韓国がない」! 同じ価値観を共有していない国なのか

広告

合衆国国務省・中国担当のキーマン「余茂春」

余茂春Miles Yu:マイルズ・ユー)さんをご存じでしょうか。

この人はアメリカ合衆国国務省の政策立案部門、中国関連政策の立案者・アドバイザー(顧問)として、一目も二目も置かれているキーマンです。「トランプ大統領の中国政策に大きな影響を与えたブレーン」であり、ポンペオ国務長官に「中国への処し方について大きな示唆を与えた人物」です。

現在の合衆国の対中国政策の的確な動きは、余さんの参加しているデビッド・スティルウェル国務次官補が率いるチームの功績です。そのため、余さんは中国共産党からは「裏切り者」と蛇蝎(だかつ)のように嫌われています。

ここまでが前フリです。

「多国主義」とは「同じ価値観を共有」して初めて成立する

その余さんが、カナダのシンクタンク「マクドナルド・ローリエ研究所」(Macdonald Laurier Institute:略称「MLI」)の主催するフォーラムにビデオで登壇しました。

フォーラム自体は「香港問題と中国政策」についてのものだったのですが、余さんは「多国主義は、共通の価値観を持つことに基づいている」と述べました。

つまり、「共通の価値観を持っている」とお互いを認識できないのであれば、多国主義など成立しない、といっているわけです。

この場合共通の価値観とは「民主主義・基本的人権の尊重など」を指しています。

その上で、中国共産主義の脅威に対抗するために民主主義社会では「民主主義の連合」が形成されつつあるとし、次のように発言しました。

私たちは日本オーストラリアイギリスカナダEUNATOASEANのメンバーを擁しています。

私たちは全て同じ価値観を共有しています

あれ?と思われませんか。韓国がどこにも見当たりません

韓国は「EU」「NATO」「ASEAN」いずれの加盟国でもありません。ですから、余さんの発言に韓国が入っていないのは確かです。

韓国は、余さんの言う「同じ価値観を共有したメンバー」ではないのです。

余さんの入れ忘れかもしれませんが、真意は伺ってみないと分かりません(笑)。もしかしたら韓国の現状を熟知しており、敢えて入れなかったのではないでしょうか。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました