「ハイイールド債」とは?

あまり響きは良くありませんが、「ハイイールド債(high yield bond)」という言葉があります。意味はご存じでしょうか? ハイイルード債は「高い利回りの債券」のことです。

利回りが高いということは「リスクが高い」ことを意味していますので、「投機的格付け債」あるいは「ジャンク債(junk bond)」と呼ばれることもあります。ジャンク(junk)は「ごみ」とか「くず」という意味ですので、ジャンク債は「くず債券」「ごみ債券」。

「ハイイルード債」、「投機的格付け債」、「ジャンク債」どう呼ぼうとも、あまりお勧めできる投資先とはいえないわけです。ただ、ハイリスク・ハイリターンを好む勇者もいますので、絶対に投資するべきではない、とは言えません。

「投機的格付け」ですので、格付け会社の評価では「BB以下」(「ダブルビー」以下と言います)の債券がこれに当たります。S&Pであれば「BB以下」の債券、有名なムーディーズでは「Ba以下」の債券です。

(柏ケミカル@dcp)