おススメ記事
広告

韓国『現代・起亜自動車』米国・中国市場で衰退!中国市場ではなんと半減!

広告

韓国輸出産業の一角を支えてきた自動車ですが、先からご紹介しているとおり、弱体化を続けています。このコロナ禍もあって退潮がさらに明確になりました。

韓国の完成自動車メーカーは『現代自動車』と『起亜自動車』しかないようなもので、『起亜自動車』は今や現代傘下です。アメリカ合衆国中国市場において「両社の自動車を足した販売台数」がどのように推移してきたかを見てみましょう。

まずは合衆国ですが、「現代・起亜」の販売台数は以下のようになります(2020年は11月までの累計)

上掲のとおり、『現代自動車』『起亜自動車』の合算販売台数は右肩下がりです。

次に中国。以下です(2020年は10月までの累計)。

中国では右肩下がりがより顕著です。2020年はコロナで参考にならないかもしれませんが、最盛期2016年の「179万台」と比べると2019年の「91万台」は約半分です。

わずか3年で、韓国の自動車は中国では半分しか売れなくなったのです。

韓国に自動車産業にとって、合衆国、中国は1・2位の市場です。しかし、上掲のとおり販売台数は減少傾向が明らかです。2020年は合衆国市場で120万台を割り、中国市場で60万台を割るだろうと見られます。

特に中国では、スマホ家電と同じ道をたどっています。中国企業に技術がキャッチアップされて、韓国企業の製品が売れなくなるというパターンです。恐らく中国市場では、韓国の自動車はもう長くは持たないでしょう。

というわけで皆さま、韓国の自動車産業は黄昏どきなのではないでしょうか。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました