おススメ記事
広告

『韓国銀行』は「通貨スワップ」の拡充を狙っている。本当にしつこい!

広告

2020年12月25日、『韓国銀行』は「2021年通貨信用政策運営の方向」というリポートを公表しました。簡単にいえば、今回のコロナ禍を受け来年以降どのような為替施策、金融政策を取るかといった内容です。

『韓国銀行』はこのリポートの前に「金融安定報告書」を出しており、韓国経済のリスクについて縦横に語っています。その上で、中央銀行が金融・為替市場の安定のために何をなすべきか――なわけですが、またアレについて言及されています。

以下にその部分を引用します。

(前略)
금융·외환시장 안정을 위해 필요시 시장안정화 조치를 적기에 시행 하고 주요국 중앙은행과의 통화스왑 확충 노력을 지속하는 한편, 통화안정증권 등 유동성 조절수단의 개선방안을 마련하여 공개시장 운영의 효율성을 제고해 나가기로 하였음

金融・為替市場の安定のために必要に応じて市場の安定化措置を適時に実施し、主要国の中央銀行との通貨スワップを拡充する努力を継続する一方で、通貨安定証券の発行など流動性調節手段の改善策を用意して公開市場操作の効率を向上していくこととする
(後略)

⇒参照・引用元:『韓国銀行』公式サイト「2021年通貨信用政策運営の方向」

主要国の中央銀行との通貨スワップを拡充する努力を継続する」と明言しています。

先にご紹介したことがありますが、韓国はイギリスとの「通貨スワップ」(一応韓国の表記に合わせ「 」でくくります)締結を狙っていたこともあります。ハードカレンシーで締結できていない(と韓国が判断している)のはイギリスEU日本なのです。

本当にしつこいことこの上ないですが、日本は韓国との「通貨スワップ」など絶対に避けなければなりません。何もいいことがないのですから。

【日韓通貨スワップ協定】延長を「何度もオファーした」と韓国銀行総裁が告白
先の記事で、韓国メディアは「日韓通貨スワップ協定」に執心しており、「日本銀行が日本政府から十分に独立していないために協定が結べない」といわんばかりであるという件をご紹介しました。 日本政府からすれば「国際間の約束事を守らない国...

追記
この『韓国銀行』のリポートを引いて、『中央日報(日本語版)』にまた「日韓通貨スワップは中断されたままだ」なんていう記事が出そうな気がしないでしょうか?

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました