おススメ記事
広告

中国の主要「州・都市」全部が財政赤字!四川省「約11兆円」大赤字

広告

中国の「州・都市」の財政について非常に興味深いデータが出ました。ほとんどが財政赤字に陥っています。以下は収入の多い方から順番に11の主要州・市を抜き出したものです(単位:億元)。

収入支出収入-支出財政自給率
広東省12,92217,485-4,56373.9%
江蘇省9,05913,683-4,62466.2%
浙江省7,24810,082-2,83471.9%
上海市7,0468,102-1,05687.0%
山東省6,56011,231-4,67158.4%
北京市5,4846,776-1,29280.9%
四川省4,25811,201-6,94338.0%
河南省4,15510,383-6,22840.0%
安徽省3,2167,471-4,25543.0%
福建省3,0795,215-2,13659.0%
湖南省3,0098,403-5,39435.8%

上掲のとおり11の州・市は全て赤字財政です。「自給率」は「収入/支出」で求めていますが、支出の何パーセントを収入でカバーできているかを示します。最も財政状態がいいのは上海市で「87.0%」、次いで北京市で「80.9%」。さすがにこの二大都市はましですが、後は概して良くありません。

特に四川省は赤字額が「6,942億元」(約11兆4,212億円)にも達しており、自給率はわずか「38.0%」に過ぎないのです。

上掲11州・市だけで財政赤字は「4兆3,996億元」(約72兆3,734億円)にもなります。これをどうやってファイナンスしているかというと、『Bloomberg』などでたびたび「時限爆弾」として取り上げられる地方債の発行です。

中国共産党当局はコントロールできていると述べていますが、堤防はアリの一穴からでも決壊するものです。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました