おススメ記事
広告

中国スマホ『シャオミ』電気自動車へ参入を表明!「100億ドル(1.1兆円)」投入を宣言

広告

いかにも中国企業だなぁ――という話です。低価格スマホで有名な『小米』(シャオミ:Xiaomi Corporation)が、電気自動車に進出する旨を表明。


↑『Weibo』雷軍CEOの投稿より

同社の雷軍CEOは、

今後10年間で100億ドル(約1兆1,067億円)

を投入することを公表しました。


↑『小米集団』の文書

文書によれば、

取締役会は、スマート電気自動車事業の設立を正式に承認
スマート電気自動車事業を担当する完全子会社を設立する予定
初期投資額は100億人民元(約1,685億円)
今後10年間で100億ドルを投入すると見込む
雷軍CEOがスマート電気自動車事業のCEOを兼務する

となっています。

宇宙一の不動産屋」が電気自動車を造ろうという国ですから、スマホ企業が電気自動車に参入しても特に驚きはしませんが、投入する金額はさすが大陸スケールです。完全に『Apple』の自律走行可能な電気自動車の向こうを張るつもりです。

半導体が止められたらどうするつもりでしょうか?

中国『恒大自動車』株価が爆騰! まだ1台も製造したことない会社ですよ
中国『恒大(エバーグランデ)』といえば、台湾メディアからは(揶揄も込めて)「宇宙一の不動産屋」といわれるディベロッパーです。 中国ではTop5に入る最大手の不動産ディベロッパーなのですが、負債が13兆円もあることが判明し、2020年末...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました