おススメ記事
広告

韓国「自動車産業」にブレーキ!内需の弱体化が明らかに

広告

2021年05月17日、韓国の産業通商資源部から「2021年04月の自動車産業の月間動向」が公表されました。非常に興味深いデータなのでご紹介します。ひと言でいえば、「半導体不足が表面化してきた」内容となっています。

以下をご覧ください。

2021年04月「自動車産業」動向
生産台数:32万3,644台(対前月比:-3.1%

韓国内販売台数:16万1,097台(対前月比:-6.0%
 ⇒国産車:13万5,146台(対前月比:-3.8%
 ⇒輸入車:2万5,951台(対前月比:-15.8%

輸出台数:18万8,293台:(対前月比:-3.2%

輸出金額:41.5億ドル(対前月比:-5.7%

自動車部品輸出:20.4億ドル(対前月比:-6.3%

全てが対前月比割れです。2021年になってから01~03月と、コロナ禍による急激な落ち込みから回復してきたのですが、04月になってこれまでの回復にブレーキがかかしました。

韓国メディアでは、恐らく「対前年同月比」(2020年04月と比較した増減)に着目して「自動車産業の回復!」という見出しが躍るでしょう。

対前年同期比では以下のようになります。

2021年04月「自動車産業」動向
生産台数:32万3,644台対前年同月比+11.8%

韓国内販売台数:16万1,097台対前年同月比-3.8%
 ⇒国産車:13万5,146台対前年同月比-6.3%
 ⇒輸入車:2万5,951台対前年同月比+12.1%

輸出台数:18万8,293台:(対前年同月比+52.8%

輸出金額:41.5億ドル対前年同月比+73.4%

自動車部品輸出:20.4億ドル対前年同月比+99.9%

対前年同月比で見れば、「輸出台数+52.8%」などの派手な数字になりますが、2020年04月は対前月比で「44.6%」も減少した月でした。ですから、2021年04月に輸出台数が「+52.8%」という派手な回復になっても当然の結果なのです。

それよりも、「対前年同期比」で見ても、韓国内の販売台数が「-3.8%」と減少している点が問題です。

つまり内需が弱っていることを意味しているからです。

世界的半導体不足はまだ続きそうですので、韓国の自動車産業の第2四半期の業績は不透明になってきました(対前年同期比では上昇するでしょうが)。

⇒参照・引用元:『韓国 産業通商資源部』公式サイト「2021年04月の自動車産業の月間動向」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました