おススメ記事
広告

韓国『産業銀行』の憂鬱「3,700億の返済」はどうする?

広告

韓国国策銀行といえば、韓国政府の手下(てか)になって無理難題を引き受けさせられると相場が決まっています。

2020年には、国策銀行のひとつ『産業銀行』の現場で「もういい加減にしてくれ」という声が上がっている件をご紹介しましたが、コロナ禍によって傾き回復していない企業も多いので、国策銀行の心労の種は絶えません。

韓国の航空産業は今も瀕死

航空産業はその最たるもので、『大韓航空』と『アシアナ航空』の合併を電撃的に進めたのは素晴らしい手際でしたが、先にご紹介したごとく、上場しているLCC(格安航空会社)4社は今も全部飛びそうで、しかも状況は昨年より悪化しています。

赤字が続いており債務(返済しなればならない借金)が積み上がっていく一方だからです。

面白いのは(失礼!)、上場4社の内、『エア釜山(プサン)』以外の『済州(チェジュ)航空』『ティーウェイ航空』『ジンエアー』の3社のメイン債権者が『産業銀行』だということです。

2022年03月には『産業銀行』が貸した運営資金名目の政策金融資金が満期を迎えますが、とてもではありませんがこれを返せるような見込みはありません。

ですので、『産業銀行』は満期延長を余儀なくされる予定です。

3,700億ウォンが払えない!

これだけではないのです。4社合わせて「約3,700億ウォン」(約359億円)の返済を1年以内に行わなければなりませんが、当然そんなお金はありません。

『大韓航空』『アシアナ航空』のときと同様に有償増資の手が使えればいいのですが実はLCC4社とも2020年中にすでに行っており、ここでまた有償増資を行うのは事実上できません(行っても資金が集まらないのことが予想される)。

Money1では紹介しそこなったのですが、03月に韓国政府はLCCに対して2,000億ウォン(約194億ウォン円)を政策金融支援する、という発表はしています。なので、またぞろ『産業銀行』が出すのか、という話になるわけです。

『産業銀行』の現場は「いい加減にしてくれ」と思っているでしょう。しかし、この泥沼はまだ続きます。

『産業銀行』現場の悲痛な叫びについては以下の記事を参照してください

ついに韓国『産業銀行』現場から怒りの声!「基金作るのもいい加減にしろ!」
何度でも言いますが、韓国は何かというとスグに「なんとか基金(ファンド)」を作りたがるヘンな国なのですが、とうとう現場から「いい加減にしろ!」という声が挙がりました。火元は韓国の国策銀行である『産業銀行』です。 勝手におだを上げておいて...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました