おススメ記事
広告

尹新大統領が「鳩山元首相」に「日韓関係改善の先生になってほしい」と発言

広告

昨日2022年05月09日、本日大統領に就任する尹錫悦(ユン・ソギョル)さんと鳩山由紀夫元首相が面談しました。

鳩山さんがこの面談についてtweetしています。以下をご覧ください。

韓国の尹新大統領と大統領に就任する前日に面談をする機会をいただいた。脱大日本主義のハングル版を差し上げた後、親しく懇談をしたが、尹氏の「無条件で韓日関係を改善する」との言葉に強い決意を感じた。最後に「韓日関係改善の先生になって欲しい」とお願いされたが、尹氏の自信の裏返しと思う。

⇒参照・引用元:Twitter鳩山由紀夫「2022年5月9日午後10:26」

尹錫悦(ユン・ソギョル)新大統領は「日韓関係改善の先生になってほしい」と述べたとのこと。

尹錫悦(ユン・ソギョル)さんの認識も現在の日本の世論とは大きな乖離があるようです。

鳩山元首相は、韓国『延世大学』学生向けの講演で「日本は戦争で傷つけた人たちや植民地にしていた方々に対し、『もう、これ以上謝らなくてもいい』と言ってくれるまで、心の中で謝罪する気持ちを持ち続けなければならない」と述べたことがあります。

この発言の一方で「韓国や中国には、日本がどんなことをしても許さないという強硬な人がおり、そういう人たちに耳を傾けすぎてしまうと、いつまでも決着がつかない」とも述べていますが、しかし鳩山元首相を日韓関係改善の先生とするべきでしょうか。

⇒参照・引用元:『朝日新聞』「『謝罪、いいと言われるまで』鳩山氏が持論 韓国で講演」

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました