おススメ記事
広告

南朝鮮「株式市場」危険な風が吹き始めた? 独歩安は本当か

広告

先に韓国の株式市場が直近3カ月で上昇してきたのは韓国の「金融投資(機関)」「年金基金(など)」が買い支えていたためで、「外国人」のみならず「個人」「投信」「銀行」「保険」など主要プレーヤーが売りを重ねていることをご紹介しました。

南朝鮮「株式市場」支える主体が危うい話 年金が吹き飛ぶ可能性あり
2019年11月も本日で終了。日本が半導体製造に関わる「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「レジスト」3つについて、韓国に輸出する際の優遇措置を取りやめると発表したのは07月01日でした。 その時点ではこれらの重要な素材はおよそ...

ここにきて韓国株式市場の先行きを不安視する声が大きくなっています。韓国株式の「独歩安」を指摘する識者もいらっしゃいます。

韓国の株式市場の動向を示すKOSPI(韓国総合株式指数)は以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同/日足です)。

上記チャートに、アメリカ合衆国の株式市場動向を示す指数の一つである「S&P500」を表示させてみると以下のようになります。

S&P500はバーチャートで表示されています。合衆国の市場動向に高安のトレンドが一致していることが見てとれますが、11月の最終週において乖離(かいり)が発生しています。

これが果たして韓国株式市場だけでしょうか? 日本の株式市場を代表する指数である「TOPIX」を同じようにS&P500と共に表示させてみると以下のようになります。

高安のトレンドが合衆国市場と一致していることが分かります。つまり、日本の株式市場では乖離は発生していないのです。日本をはじめ世界各国の株式市場はどうしても合衆国の株式市場の動向に影響されます。ですから合衆国市場の動向と違った動きをするのは「!」「?」と注目を集めます。

さらに11月の上昇・下落の比率で比較してみると、以下のようになります(チャートは『Bloomberg』より引用)。

S&P500は2.42%上昇、TOPIX(TOPIX500)は1.87%上昇しているのに、KOSPIは-0.58%と下落しています。識者の指摘する「独歩安」はつまりこのような乖離現象を指しているわけです。韓国の株式市場に危険な風が吹き始めているのではないでしょうか。

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「貿易収支」2019年は極めて悪い ファンダはむしろ弱い
韓国の経済は危ぶまれる状況になりつつあります。先にご紹介したとおり、世界を股に掛ける高利貸し「IMF」では「韓国経済のファンダメンタルズはいまだ強固で・・・・・・」としていますが、そのような見方で本当に大丈夫でしょうか? 韓国...
南朝鮮の景気はすでに下り坂を24カ月走っている!  まだ底は遠いよ
2019年09月20日、韓国の統計庁(National Statistical Office)は「第10回 景気総合指数改編の結果と最近の景気循環について」※という資料を公表しました。この資料を基にした記事が韓国メディアに公開され、...
タイトルとURLをコピーしました