おススメ記事
広告

南朝鮮「ウォン安」06日午前 止められたっぽいが「1,182-1,183ウォン」で揉む

広告

2020年02月06日(木)の市場が開きました。高安が揉んでいる韓国通貨「ウォン」ですが、06日(木)11:07現在(日本時間)ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。

市場が開いた途端ウォン高方向に下っていったのですが、およそ「1ドル=1,181ウォン」で反転。およそ1,183-1,184ウォンまで戻してもみ合いになっています。

上掲は「フィボナッチ・リトレースメント」を当ててみたものですが、面白いことに「38.2%」戻しのところで上へ跳ね返り、値をもんでいます(ヒゲになっていますけれども)。

株式やFXの取引される方はよくご存じですが、この「38.2%」は下がってきた値がよく跳ね返るラインなのです(つまりここで「買い」が入りやすい)。上掲のとおり「23.6%」も同様です。チャートには、このような値をもみやすいポイントがあって、不思議なことに「フィボナッチ・リトレースメント」はそれをよく表しているのです。

フィボナッチはともかく、ドルウォンに動きがありましたらまた記事を作成してご紹介するようにいたします。ちょっとウォン安進行が難しくなってきましたが。

追記
06日(木)夕刻のドルウォンの状況を以下に記事にまとめました。シーソーゲームが続いておりますが、本日の欧州勢は「ウォン売り」が多いようで……。以下の記事も併せて読んでいただけたら幸いです。何卒よろしくお願いいたします。

南朝鮮「ウォン安」06日夕刻:シーソーゲーム続く 「1ドル=1,184ウォン」が抜けない
2020年02月06日(木)の韓国通貨「ウォン」の動向です。17:52現在(日本時間)、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 長いヒゲが出ていること...

(柏ケミカル@dcp)

南朝鮮「株式市場」支える主体が危うい話 年金が吹き飛ぶ可能性あり
2019年11月も本日で終了。日本が半導体製造に関わる「フッ化水素」「フッ化ポリイミド」「レジスト」3つについて、韓国に輸出する際の優遇措置を取りやめると発表したのは07月01日でした。 その時点ではこれらの重要な素材はおよそ...
南朝鮮「貿易収支」2019年は極めて悪い ファンダはむしろ弱い
韓国の経済は危ぶまれる状況になりつつあります。先にご紹介したとおり、世界を股に掛ける高利貸し「IMF」では「韓国経済のファンダメンタルズはいまだ強固で・・・・・・」としていますが、そのような見方で本当に大丈夫でしょうか? 韓国...
南朝鮮「ロールオーバー不能」がもたらすもの
2019年09月28日、中央日報で韓国企業「ハンファケミカル」が日本での200億円のサムライ債の起債を断念したという報道がありました。これは非常に重要なニュースです。 というのは、韓国企業によるロールオーバー、いわゆる「借り換...
タイトルとURLをコピーしました