おススメ記事
広告

韓国「5,000億ファンド」詐欺発覚で危機! 投資先がウソで文書も偽造でした

広告

韓国で規模の大きい金融詐欺が増加しているという件を先にご紹介しましたが、「ナニやってんだ」といわざるを得ないどエライ案件が出ました。

「詐欺大国」といわれる韓国で「詐欺が急増!」という話。前年の2割増!10年前の5割増し。
韓国は「詐欺の多い国」といわれます。故なくそのような呼称があるわわけではありません。 例えば、2017年09月には近現代史研究家の細谷清先生が、韓国の最高検察庁年報を調査し、人口10万人当たりの詐欺事件の発生件数が日本の16倍にもなる...

公共機関関連の債券に投資するので安全性が高いですよーと顧客を集めていた『コンボイ資産運用』のファンドで「すわ!詐欺だったかも」という事案が見つかり、韓国の監督当局が動き出しています。

発覚したきっかけは、「コンボイクリエイター25・26号ファンド」が償還の満期前日の2020年06月18日になって、販売会社の『NH投資証券』に満期延長を要請する公文書を送ったことでした。つまり、投資家にお金を返せませんというわけです。

この件を報じた、『ソウル経済』から一部を引用します。

(前略)
満期6カ月のこれらのファンド(コンボイクリエイター25・26号ファンドのこと:筆者注)は、資産の95%以上を公的機関が発注した建設工事や電算役務関連売上債権としていると報じて販売された

2つのファンドの販売額は217億ウォンだ。
(後略)
⇒参照・引用元:『ソウル経済』「5,000億『公共機関の売上債券』ファンド詐欺爆発」(原文・韓国語/筆者(バカ)意訳)

赤アンダーライン、強調文字は筆者による(以下同)

で、『NH投資証券』がどうなっているんだと調べてみると、運用会社が提出した書類に偽造が発見されたのです。

その上、投資先は案内のとおりではなく、「公共機関の売上債権ではなく、他の企業の私募社債が編入されていた」(同記事より引用)ことが判明したのです。

『コンボイ資産運用』は、別のベンダーである『韓国投資証券』にも167億ウォン規模のファンドについて償還中止を通知した。

『韓投投資証券』の関係者は、「今回中断されたファンドの他に来年満期を迎えるファンドの残高は120億ウォン」と述べた。

とのことで、もし同様にウソばかりだったなら被害は甚大になる様相を見せています。

これまで販売されたファンドのうち約3,000億ウォンは満期償還がなされたが、まだ約4,700億ウォンの販売残高が残っている

ベンダー別では『NH投資証券』約4,400億ウォン、『韓国投資証券』約677億ウォンだ。

とのことですから、計「約5,000億ウォン」が「大丈夫なのか?」なのです。もし「詐欺確定」なら韓国に激震が走るでしょう。続報が出たらまたご紹介します。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
韓国に「通貨スワップ」満期日06月25日が迫る。ドルはあるでしょうか
韓国銀行が17日に明らかにしたところによると、25日に米連邦準備制度理事会(FRB)との通貨スワップ※1資金を活用した競争入札方式の外貨貸付79億2,000万ドルが満期を迎える。 FRBとの通貨スワップ資金を活用した最初の入札の満...
【巨額赤字】韓国精油会社「死の行進」を続行中! 精油マージン「▲0.4ドル」で赤字が続々積み上がる!
韓国の経団連『全国経済界連合会』によれば、韓国には輸出15大品目があるそうで、「石油製品」もその中に入っています。 原油を輸入して、ガソリン・灯油・航空燃料などに精製して輸出しているのです。しかし、このところの石油製品の価格低下、新型...
【絶体絶命】「双竜自動車は支援しない」と明言。韓国『産業銀行』が突き放して退路なし!
70%の株式を持つ親会社『マヒンドラ&マヒンドラ』からも「新しい投資家を見つけるべき」と諦められた韓国の自動車メーカー『双竜自動車』。 資金難に直面しているのですが、あの「基幹産業安定基金」(←まだ40兆ウォン集めてはいない)を最後の...
【緊急輸血】韓国自動車部品メーカーに「1兆」投入!「基幹産業安定基金」が出す!(←まだ40兆集めてない)
韓国の(完成)自動車メーカーは新型コロナウイルス騒動のために経営難に陥っていますが、問題は自動車メーカーだけでは済みません。 自動車産業は裾野が広いのが特徴で、自動車部品を製造する会社があって自動車産業を形成しています。自動車メーカー...
タイトルとURLをコピーしました