おススメ記事
広告

【開戦寸前】台湾上空に中国の戦闘機が飛ぶ日

広告

日本ではあまり深刻に報道でされませんが、中国共産党による台湾への当たりが激烈なものになっています。これはアメリカ合衆国による台湾への武器売却が進行していることへの反発です。

もはや中国が渡洋侵攻作戦を行う一歩手前という雰囲気です。渡洋侵攻作戦の前に、中国が戦闘機を台湾上空まで飛ばすのではないかというところまで事態が進展しているのです。

『Taiwan News』には「中国は『人民解放軍の戦闘機は台湾の島の上空を飛ばなければならない』と言っている」という記事が出ました。

『Taiwan News』は反中国共産党の立場の台湾メディアなので、どちらかというと扇情的な記事になっていますが、大本の中国共産党の御用新聞『環球時報』の社説記事(『Global Times』から)はではさらっと流しています。もちろん非常にクリティカルなことをさらっと書いているのですが。以下です。

(前略)
大陸側の懲罰的措置としては、まず、軍用機によるいわゆる海峡の「中央線」と呼ばれる台湾島への警戒飛行のさらなる常態化、軍用機による台湾島への警戒飛行の常態化、軍用機による台湾島上空巡航の常態化、台湾への経済封鎖などが予定されています。
(後略)
⇒参照・引用元:『環球時報』「社评:能否治住美国对台军售?当然也必须能」(原文・中国語/筆者(バカ)意訳)

・中央線への軍用機の飛行
・台湾の防空識別圏への侵入

はすでに行っていますので、次に来るのは「台湾上空への侵入」です。

また、中国共産党は、「もし台湾空軍が中国空軍の戦闘機を撃墜したら戦争だ」と明言しています。ですので、中国空軍の戦闘機が真っ直ぐ台湾上空を目指した場合、台湾空軍が実際にどのように行動するのか、これが焦点なのです。

(松田ステンレス@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました