おススメ記事
広告

中国の外貨準備「150億ドル」減る! 前月「220億ドル減」に続く

広告

中国の「国家外貨管理局」は2020年10月の外貨準備高を公表しています。前月に続いてまた減少です。

以下になります。

外汇储备……3兆1,279.82億ドル
(Foreign currency reserves)
対前月比:145.80億ドル減少

基金组织储备头寸……97.04億ドル
(IMF reserve position)
対前月比:0.27億ドル増加

特别提款权……112.05億ドル
(SDRs)
対前月比:0.38億ドル増加

黄金……1,178.86億ドル
(Gold)
対前月比:3.16億ドル減少

其他储备资产……-4.91億ドル
(Other reserve assets)
対前月比:0.92億ドル減少

計:3兆2,662.86億ドル
対前月比:149.23億ドル減少

というわけで外貨準備は145.8億ドル減少しました。前月は220億ドル減少でしたので、減少が続いています。以下をご覧ください。

2020年01~10月の「Foreign currency reserves」の推移です。2020年の天底は03月の「3兆606億ドル」。このときは前月から460億ドルも外貨資産が減少しました。世界的にドルの流動性が枯渇した時期だったので、さすがに手持ちの外貨資産を使ったものと思われます。

中国の外貨準備は中身が本当によく分からないのですが、先にご紹介したとおり、日本国債の購入を増やしていることは確認できています。日本はこの点に注意していなければなりません。

中国が日本国債を「爆買い」。日本は要注意!
アメリカ合衆国と中国の対立が深まる中、中国が合衆国公債の保有を減らしている件は先にご紹介しましたが、その代わりとでもいうのでしょうか、日本国債を爆買いしているとの報道が出ました。 以下に『大紀元』から記事の一部を引用します。 ...

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました