おススメ記事
広告

韓国『アシアナ航空』が「2.5千億払え!」と裁判沙汰

広告

瀕死のと何回書いたか分からない韓国航空産業の二番手『アシアナ航空』ですが、債権団管理の下、なんとか持っています。で、今度は裁判沙汰です。

何度もご紹介しましたが『アシアナ航空』が事実上のドボンになったのは、『HDC現代産業開発』がなんだかんだいって買収を取り止めたからです。で、その契約では「2兆5,000億ウォン」で買収するということになっていたのですが、この10%2,500億ウォン」がエスクロー口座に入っているのです。これはいわば契約金です。

つまり、買収しますよ、その証拠ですよという意味のお金です。で、本当に買収の際には残りの90%を支払う、となります。エスクロー口座というのは、契約締結時にこのようなお金を入れておくためのものです。契約が履行されたらお互いに合意してお金が動くことになります。

つまり、銀行が安全のために保管しておいてくれるわけです。契約金として相手の口座に支払ったらドロンしやがった、みたいなことを防ぐためです。

2020年頭から、買収に名乗りを上げた『HDC現代産業開発』の方は、契約金なんか別に違約金として取られたっていいんだオレはいつだって買収をやめてやるぜ、みたいな態度を取り続けていました。その挙げ句に「買収はなし」となったのです(『アシアナ航空』を売りたがっていた『錦湖産業』が業を煮やした)。

で、この「2,500億ウォン」です。

『アシアナ航空』としては運転資金としてスグにでも使いたいわけです。債権団も同じです。なにせ債権団の主力となっている『産業銀行』も『輸出入銀行』も底なし沼にはまったようなもので、ここまですでに「3兆3,000億ウォン」も突っ込んでいます。

それでもまだ足りなくて、先にご紹介しましたが、2020年10月11日には「残高:1,000億ウォン」しかない、という報道が出ました。

どんだけお金がないんだという話ですが、それだけ困ってるわけです。

ところが、2,500億ウォンの移動に『HDC現代産業開発』が同意しないのです。

で、裁判です。「違約金なんか惜しくないぜ」とイキがっていたあの態度はなんだったんだという、世にもあほらしい話となりました。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました