おススメ記事

『韓国GM』累積損失は「4.8兆」に達する! 6年間ナニをしてたのか

広告

労働組合ストライキに苦しめられている『韓国GM』。親会社であるアメリカ合衆国の『GM』は事実上の韓国からの撤退宣言を行いましたが、労働組合側はしかしストを止めようとしません。

2020年11月20日の『ソウル経済』の記事によれば、『韓国GM』労働組合委員長の発言について以下のように書いています。

20日、業界によると、キム・ソンガプ韓国GM労組委員長は最近、組合員公聴会を開き、『GM』の韓国撤退説について「現場のさまざまな懸念を知っている」とし「『産業銀行』をはじめとする対政府闘争を徹底的に準備して長期戦に備えたい」と述べた。

国策銀行である『産業銀行』は、韓国GMの2大株主で株式17.02%を保有している。
(後略)

⇒参照・引用元:『ソウル経済』「[단독]파업으로 ‘철수설’ 빌미 줘놓고…’대정부 투쟁’하겠다는 한국GM노조」

この労組委員長は、

このストライキを対政府闘争と認識しており、「長期戦」も辞さない構え

なのです。

これを聞いた『GM』の態度はますます撤退を加速する方向へ傾くでしょう。いや、それよりもなぜ『GM』がさっさと韓国から撤退しないのかが不思議です。

『韓国GM』が2014~2019年の6年間に積み上げた損失がいくらに上るかご存じでしょうか? 以下になります。

当期純利益
2014年-3,533億ウォン
2015年-9,868億ウォン
2016年-6,194億ウォン
2017年-1兆6,265億ウォン
2018年-8,594億ウォン
2019年-3,202億ウォン
小計-4兆7,656億ウォン

ご覧のとおり6年間連続赤字で真っ赤です。6年間の純損益の累積は「約4.8兆ウォン」(約4,434億円)にもなるのです。

さあ『GM』はなぜこれまで撤退しなかったのでしょうか。

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました