おススメ記事
広告

中国人の90%は「月収5千元(8万円)未満」。5.6億人は「月収千元(1.5万円)」

広告

中国メディア『捜狐』に興味深い記事が出ました。『上海財経大学高等研究所』が発表した「中国のマクロ経済状況の分析と予測に関する年次報告書」についてのものです。同リポートは、中国では中間所得者層の割合が拡大しておらず、課税システムも経済の状況に対応していないと論じています。

それはともかく、国家統計局の「中国統計年鑑2019」から引いたデータが面白いのです。以下です。

現在、中国国民の90%月収5,000元約7万9,264円未満
そのうち5億6,000万人月収1,000元約1万5,853円未満

月収10万元約158万5,287円)以上の高所得者層は3,110万人しかいない

月収5,000元以上10万元未満の中所得者層は1億2,000万人にとどまる

先に中国の人口は「本当は12.7億人しかいない」とご紹介したので、ここで「14億」とするのはナニですが、一応14億だとして、その9割で……と計算すると以下のようになります。

12.6億人90%)……月収:約7万9,264円未満
1.2億人8.6%)……月収:約7万9,264円以上~約158万5,287円未満
3,110万人2.2%)……月収:約158万5,287円以上

※足すと100%を超えますがママ

5.6億人」というと14億の「40%」に当たります。このデータが正しいのであれば、中国国民の4割は「月収:約1万5,853円未満」になります。

2020年05月、李克強首相は記者会見の席で「中国には月収千元の人が6億人いる」と発言して習近平総書記の不興を買いましたが、「5.6億人=約6億人」ですから李さんは正しいことを言っていたわけです。習近平総書記も怒っても仕方がないでしょうに。本当なのですから。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました