おススメ記事
広告

01月11日(月)なんと下院議会にペロシ議長の姿なし!

広告

最初にお断りしておきますがMoney1は決して陰謀論に荷担するものではありません。読者の皆さんと同様に本当のことが知りたいだけです。

2021年01月11日(月)11:00~(現地時間)のアメリカ合衆国下院議会ナンシー・ペロシー議長の姿がありませんでした。これは下院の公式サイトで確認できます。「FloorCast」という議場を映したビデオカメラの映像があるのです。

以下をご覧ください。


↑日本人には見慣れない女性議員が入場します


↑そのまま議長席に着きます。この人は「Debbie Dingell」(デビー・ディンゲル)議員です


↑木槌を打って「The House be in order.」と開会を宣言します。

動画のキャプションには「The Speaker Pro tempore;」と出ます。「議長代理」という意味です。ディンゲル議員が、

The chair lays before The House a communications from the Speaker.
議会を開始する前に議長からの連絡があります。

と言い、その後、クラークが以下のように文書を読み上げます。

The Speaker’s room,Washington D.C. Januray 11,2021 I hereby appoint The honorable Debbie Dingell to act as Sepaker pro tempore on this day.signed,Nancy Peloshi,Speaker of The House of Representatives.

ワシントンD. C. 下院議長室 2021年1月11日 私はここにデビー・ディンゲルを 臨時議長に任命します。
サイン:ナンシー・ペロシ下院議長


↑ディンゲル議員はミシガン州選出/公式サイトより

あれだけ熱心にトランプ大統領を弾劾する!と息巻いていたペロシ議長だったのですが、肝心の11日(月)には姿を見せませんでした。ただし、以下のようにTwitterは更新されています。

ノートパソコン(LapTop)をパチられたのがそれほどショックだったのでしょうか。それともコロナに罹患されたのでしょうか? ペロシ下院議長が姿を見せなかった理由はなんでしょうか?

⇒参照・引用元:『アメリカ合衆国下院』公式サイト「FloorCast」

(柏ケミカル@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました