おススメ記事
広告

中国「韓国の新外相」を台湾対岸に呼び出して会談

広告

小ネタですが見逃せないのでご紹介します。誠に申し訳ありません。

アメリカ合衆国EUなど自由主義陣営との当たりが厳しくなってきた中国ですが、味方に引き入れるためか、「最も弱い輪」と目されている韓国の鄭義溶(チョン・ウィヨン)新外相を呼び出して会談を行っています。

2021年01月20日に、文在寅大統領はこれまでの康京和(カン・ギョンファ)外相の代わりに鄭さんを据えました。

中国側は毎度おなじみの王毅外相で、鄭さんは外相として初めての会談です。それはいいのですが、2021年04月03日に会談が行われた場所が、福建省厦門(アモイ)なのです。


PHOTO(C)GoogleMap

アモイは新冷戦の焦点「台湾」のすぐトイメンの都市です。

韓国メディアでは「韓半島の平和プロセスについて話し合う」なんて報道になっていますが、合衆国からすれば「韓国は中国とつるんで台湾を圧迫している!」と見えないでしょうか。

ヘンな約束をさせられて帰国しなければいいのですが……。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました