毎月3万円の積み立て投資で3,000万円をつくる!

老後資金2,000万円なんて可能なの?

可能です! ご相談ください

トルコ

トピック

新興国で「ドル不足」が深刻化! トルコが韓国に「通貨スワップ」と言ったのは「ワラ」でもよかったから

先に韓国の国策銀行『輸出入銀行』が『サムスン』に私募債を引き受けてもらい、ドルを調達した件についてご紹介しました。海外と取引をする国は「ドルがないのは首もないと同じ」で、韓国ならずともドルの調達には腐心するわけです。韓国では...
トピック

【安倍首相も登場】トルコの開院式典で「日本トルコ通貨スワップ」が発表され……

先にご紹介した「日本-トルコ通貨スワップ」についてです(トルコの求めているのはFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)いうところのスワップラインだと思われますが)。2020年05月21日(木)、「...
トピック

トルコでは日本と「通貨スワップ」が結ばれることになっている?

先に、「韓国がトルコから『通貨スワップ』の締結を求められている」という報道が韓国メディアからあったことをご紹介しました。トルコではどうなっているのかとニュース記事を探してみたところ、トルコ最大のインターネット新聞とされる『Haber...
トピック

トルコが韓国との「通貨スワップ」を求めた? 日本を含め4カ国には求めた

トルコが韓国に「通貨スワップ」※の締結を求めたという報道が韓国メディアから出ています。2020年04月20日の『中央日報(日本語版)』には「トルコ、新型コロナ対応のため外国中央銀行とスワップ協定交渉」という記事が出ていますが、ここに...
トピック

イスタンブール市長選のやり直し 野党大勝でトルコリラが急騰!

「往生際が悪くないか?」とご紹介した、トルコ・インスタンブール市長選のやり直しがやっと行われました。参照記事:⇒『Money1』「トルコ、エルドアン大統領『選挙に不正があった』 往生際が悪くね?」そもそもこの市長...
トピック

マジか? イスタンブール市長選挙やり直し!

05月6日、揉めに揉めていたトルコ・イスタンブールの市長選が再投票となりました。エルドアン大統領の「公正発展党」が敗北した(1万3,000票の僅差)のですが、不正が横行したと選挙管理委員会に圧力を掛け、ついに06月に再選挙を行うこと...
トピック

トルコ、エルドアン大統領「選挙に不正があった」 往生際が悪くね?

トルコで統一地方選挙が行われ、そこまでは絶対にトルコリラを下げさせるものか、と粘っていたエルドアン大統領。そのためにオーバーナイト物スワップ金利が1000%を超えるなど、無茶苦茶を行ったわけです。しかし、Money1でもお伝えしたと...
トピック

「トルコリラ」また無茶苦茶な展開に!

2018年にエルドアン大統領の主導する無茶な金融政策のおかげで通貨安街道を驀進し、「すわデフォルトか!」と世界中の注目を浴びたトルコですが、今またトルコの通貨である「トルコリラ」が無茶苦茶なことになっています。トルコリラ...
トピック

サウジやっと記者の死亡を認める 「行きずりの殺し屋」じゃないだろ

10月20日、サウジアラビアは、反政府的な言動を行っていた記者、ジャマル・カショジさんの死亡をやっと認めました。サウジ当局は、トルコ国内にあるサウジアラビア総領事館内で、口論と格闘があった結果、カショジさんが死亡した、という捜査結果...
トピック

サウジアラビアの「反政府記者」行方不明でソフトバンクの株が下がる

サウジアラビアで反政府的な記事を書いていた記者(ジャマル・カショジさん)が、トルコにあるサウジアラビア領事館に入ってから行方不明となっています。カショジさんはもともとサウジアラビア王室と親密な記者だったのですが、近年は皇太子...
トピック

トルコで牧師解放!

トルコでアメリカ人のアンドルー・ブランソン牧師(Andrew Brunson)がやっと解放されました。牧師が拘束・監禁されたことが、合衆国とトルコの貿易戦争の元にもなっていました。一部ではこの牧師がCIAのスパイではないのか、といっ...
トピック

トルコ中央銀行、大統領の意志に反して大幅利上げ

09月13日、トルコ中央銀行は金利を「24%」に上げました。これはエルドアン大統領の意志に背く行為ですが、さすがに金融政策の常識には従わざるを得なかったというところでしょう。この利上げによってトルコリラは対ドルで大幅に価値を上げまし...
トピック

トルコ大統領はなぜ頑なに「利上げ」を拒否するのか?

トルコでインフレが進行し、極端な通貨安に陥っていることは各種ニュースで皆さんもご存じのとおりです。このような場合には金融政策として「利上げ」を行わなければなりません。つまりお金の価値を上げるために、流通量を絞るよう誘導するわけです。...
トピック

「トルコリラ」はまだまだ危ないヨ

トルコリラの暴落が小康状態といわれており、「1ドル=6.1トルコリラ」ほどで通貨安はストップしたかに見えます。しかし、アメリカ・トランプ大統領とトルコ・エルドアン大統領(上掲写真)によるどつき合いは継続しており、貿易戦争進行中ですの...
トピック

トルコ、エルドアン大統領「負けるかボケー」

「アメリカ人牧師を返せ!」「いーや返さん!」から制裁関税・報復関税の掛け合いになっている、アメリカ・トランプ大統領とトルコ・エルドアン大統領(上掲写真)。08月18日、エルドアン大統領は「われわれは戦略的パートナーとして振る舞いなが...
タイトルとURLをコピーしました