トランプ師匠、対中国関税の追加賦課を表明

05月中にまとまるかと見られていたアメリカ合衆国・中国の貿易協定ですが、05月05日急転直下の事態が起こりました。合衆国のトランプ大統領が以下のようなtweetを行い、中国の株式市場が急落しました。

For 10 months, China has been paying Tariffs to the USA of 25% on 50 Billion Dollars of High Tech, and 10% on 200 Billion Dollars of other goods. These payments are partially responsible for our great economic results. The 10% will go up to 25% on Friday. 325 Billions Dollars….

10カ月間、中国はハイテク分野の輸出品500億ドル分について25%の関税、2,000億ドル分のその他の輸出品目について10%の関税を支払ってきた。これらの支払いは、我々の大きな経済に対する責任分担でもある。この10%は金曜日には25%になるだろう。

….of additional goods sent to us by China remain untaxed, but will be shortly, at a rate of 25%. The Tariffs paid to the USA have had little impact on product cost, mostly borne by China. The Trade Deal with China continues, but too slowly, as they attempt to renegotiate. No!

まだ税金が掛けられていない中国からの輸出品目3,250億ドル分に、追加して短期間のうちに25%の関税を賦課するだろう。合衆国に支払われる関税は、中国が負担する製品コストにほとんど影響を与えていない。中国との貿易交渉は続いているが、あまりにも進みが遅く、彼らは再交渉しようとしている。Noだ!

⇒引用元:トランプ大統領Tweet,2019年5月5日-09:08
https://twitter.com/realDonaldTrump/status/1125069835044573186

トランプ大統領は、中国との交渉がうまく落着しないことへのいらだちを隠していません。このtweetに対して、「中国側が席を立って交渉を打ち切る可能性がある」とウォールストリートジャーナルは報道しています。しかし、中国側にそのような余裕があるかは甚だ疑問です。また、このtweetを推進剤として、交渉が金曜日(05月10日)までに落着するのでは?という見方も出ています。果たして……

(柏ケミカル@dcp)