おススメ記事
広告

【1兆の支援を受けた】韓国「原発産業」の雄も「3,714億」の大赤字!

広告

すでに韓国の国策銀行から1兆ウォンの支援を受けている、あの斗山重工業』の2020年第1四半期の決算が発表されました。

斗山重工業』に「あの」を付けるのは、東芝から盗まれたハードディスクが渡った企業とされるからです。そのハードディスクの中には、原子力発電の制御システムの設計データなどが記憶されていた、とされます(確証は取れていません)。

先からご紹介しているとおり、『斗山重工業』は韓国の原発産業の一角を担う会社ですが、文在寅大統領の「脱原発政策」の余波でここのところ売上・利益も低迷。そこに新型コロナウイルス騒動が直撃しました。

2020年第1四半期の決算は以下のとおりです(連結)。

売上高:3兆8,370億ウォン
営業利益:▲565億ウォン
当期純利益:▲3,714億ウォン

▲はマイナスの意味

『斗山重工業』の主力事業は「原子力発電所」「石炭火力発電所」ですが、この両方ともが文在寅政権から「No」を突きつけられています。「脱原発」で「クリーンエネルギー」指向なので、「石炭」ではなく「LPG」を……という話になっているのです。

とはいえ、インフラを支える電力産業に関わる会社ですので、飛ばすわけにもいかず、韓国政府は『斗山重工業』にすでに1兆ウォンの支援を(しぶしぶ)突っ込んでいます。

【韓国の四月危機】「原発企業の雄」傾く!「1兆ウォン突っ込んだのに無理そう」で債権団もうんざり
韓国企業のあっちでもこっちでもお尻に火がついているので、とても追い切れるものではないのですが、あの『斗山重工業』も大変に危ういことになっています。 「あの」を付けるのは、東芝から盗み出されたハードディスクが渡ったとされる企業だからです...

一方で「1兆ウォンでは助からないのでは?」といわれているのですが、早期退職者を募るなど自助努力も進めています。

満45歳以上の社員を対象に早期退職申請を受け付け、約650人が応募し退社。しかし、これでも足らないので、05月11-15日に第2次早期退職を受け付けました。

『斗山重工業』の場合、主力事業が現政権と真正面からぶつかるものだけに、新型コロナウイルス騒動が終息しても業績が回復するのは難しいと考えられるのですが……。

⇒参照・引用元:『亜州経済』「斗山重工業、第1四半期に3700億ウォンの純損失…脱原発に『赤字企業』のくびき」

(柏ケミカル@dcp)

広告
【財政55兆の大赤字!】韓国の税収「8.5兆ウォン」の大幅減!極めてダメっぽい
新型コロナウイルス騒動で韓国が借金財政に陥っていることはご紹介してきたとおりですが、これに税収の落ち込みが重なり、かなり大変な事態となっています。 韓国の「企画財政部」が2020年05月08日に公表した「月刊金融動向05月号」によると...
BIS(国際決済銀行)は警告する!「韓国は借金の増加が速すぎる」またドボンの道を進んでいる
韓国経済が危機的状況に陥っています。これを救うため韓国政府がやたらにお金をバラまく政策を行っているため、韓国メディアではこれを危惧する報道が出ています。 2020年05月17日には『毎日経済』に、昨年ラスボス「BIS」(Bank fo...
「ダメだ感」さらに強まる!韓国『双竜自動車』の決算書に監査法人が「意見表明」を拒否!
先に『双竜自動車』の2020年第1四半期の決算をご紹介し、いよいよ「おしまい感」が出てきたことをご紹介しましたが、2020年05月17日さらにダメな感じになっている件が韓国メディアで報道され、衝撃を与えています。 決算書を担当した監査...
【韓国軍のポンコツ具合】北朝鮮に「30分間」応射せず。理由は「機関銃が故障しちゃった!」
お金が絡まないのでMoney1で取り上げるのはヘンなのですが、面白い興味深い話ですし、あまり日本のメディアでは見掛けないのでご紹介します。 2020年05月03日、北朝鮮と南朝鮮の間、DMZ(DeMilitarized Zoneの略:...
タイトルとURLをコピーしました