おススメ記事
広告

「韓国通貨危機」時には78%もあった。借金を返せるのかという指標

広告

2022年05月25日、『韓国銀行』が「International Investment Position」(対外資産負債残高:略称「IIP」)を公開しました。

注目していただきたいデータがあります。

赤い枠で囲ったのは「Short-term external debt ratio」。

短期対外債務外貨準備高で割ってパーセンテージ表示にしたものです。

なぜこんなものを計算をするかというと、何かあったときに借金を返済できるかどうかを見るためです。短期債務は1年以内に返済しなければならない借金ですから、これが外貨準備高より小さければ、とりあえず「支払い能力はある」と見ることができるのです。

上掲のとおり、2022年第1四半期の段階で、1年以内に返済しなければならない債務は外貨準備高の「38.2%」となっています。

これが2008~2009年の韓国通貨危機時には、驚くなかれ「78%」もあったのです。

先にご紹介したとおり、このとき韓国は外国からやたらに借金をしまくっていました。

現在は、外貨準備高の38%水準にとどまっていますが、問題は「外貨準備高が本当にあるのか」です。

分母があてにならないのであれば、このratioもあてにはなりません。

「通貨危機」前の韓国は……
韓国が03月に経済危機になる、いや04月だなど巷間ささやかれているようです。さあどうでしょうか。経済危機に陥るにはその前段階で予兆があるものです。 今回は、2008~2009年の「韓国通貨危機」前にいったい何が起こっていたのかについて...
韓国を通貨危機に追い込んだ負のサイクル
韓国は貿易のもうけが減少してくると危険です。減少が赤字になるとホンイキで危なくなります。貿易赤字(貿易収支の赤字)が経常収支の赤字に発展し、これが継続するといよいよいけません。 先の記事で韓国が通貨危機前にどのような状況だったのかをご...

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました