from Sponsor
トピック

「元安」はいかがでしょうか?

韓国経済の先行きが不安視される中、韓国の通貨「ウォン」について連日ご紹介してきましたが、同様に経済的に良くない話が多々聞こえてくるようになった中国はどうなっているのでしょうか? 中国の通貨「人民元」について見てみましょう(以下...
トピック

中国「元安」進行! オンショア・オフショアとも安値更新中

中国の通貨「元」が対ドルで大幅な通貨安となっています。オンショアの元「CNY」は対ドルの日足チャートで以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 以前からご紹介しているとおり...
トピック

合衆国、中国を「為替操作国」に認定 今さら?ですが露骨なやり口

08月05日、アメリカ合衆国はついに中国を「為替操作国」と認定しました。しかし、これは「今さら?」というもの。なぜなら中国は自身で「為替レートは適切な幅で運用する」と述べている「完全な為替操作国」だからです。 中国の通貨「人民...
トピック

トランプ師匠による関税賦課は中国の外貨獲得能力を喪失させる

アメリカ合衆国、トランプ大統領の「中国からの輸入品目への追加関税賦課」は中国に深刻なダメージを与えます。この影響の大きさは私たち日本人が想像する以上のものです。 普通、関税は輸入業者が負担します。貿易条件によっては輸出業者が負...
トピック

プーチン大統領の「無理スジな希望」 ドルを使いたくない

ロシアはアメリカその同盟国から制裁を受けています。プーチン大統領は、この制裁に対抗するために「報復の発動を可能にする法律を可決」などを行っていますが、そもそもロシアは石油輸出一本で食べている国なので、先進国に報復するといってもできる...
基礎知識

為替操作国と批判招くも「元安」を支える必要あり

近くアメリカ・トランプ大統領が「中国を為替操作国として批判する」という話が出ています。中国は確かに為替操作国ですが、ドル、ユーロ、円などの通貨とは少し意味合いが違います。というのは、現在も中国の「元」は自由化されておらず、事実上金融...
基礎知識

「人民元」の取引には「オンショア」「オフショア」の2種類がある!

中国の通貨「元」の取引・決済には「オンショア」と「オフショア」の2種類があることをご存じでしょうか? 経済のニュースなどでも中国の元については、「オフショア元の取引」といった記載を見かけるでしょう。 ■人民元の取引・決済は「中...
トピック

南朝鮮「通貨スワップ協定狂奏曲」の顛末 緊急時に用意できるお金はいくらになった!?

10月10日、韓国が中国と結んでいた「最大約560億ドル規模の通貨スワップ協定」が満期終了しました。ここ数日の南朝鮮各メディアのドタバタ報道は非常に興味深いものでした。 10月10日には「ある北京の消息筋」が「現行協定を維持す...
トピック

南朝鮮に暗雲 またも「通貨スワップ協定」問題

北朝鮮・アメリカの激突でそもそも危ない状況なのですが、文大統領の無茶な政策で経済的にも自らを揺さぶる結果となっています。南朝鮮の株式市場はいわゆる地政学的リスクというやつでここのところ下落トレンドが続いています。 2017年0...
トピック

トランプ師匠の影響大!円高が重しです

アメリカ大統領の発言、また政策に対する姿勢が市場に与える影響がいかに大きいかは今さら言うまでもありませんが、このところ市場は多くがトランプ政権のバタつきに足を取られているようです。大統領の支持率が下がり、07月22日スパイサー報道官...
from Sponsor
タイトルとURLをコピーしました