エクスポージャーとはナニか

世界経済のニュースなどで「エクスポージャー」という言葉が出てくることがあります。主にリスクについて語られるときに登場しますが、このエクスポージャーとはどのような意味かご存じでしょうか?

■変動リスクにさらされている度合いのこと

英単語「エクスポージャー(exposure)」は、「さらされていること」「露見」「暴露」「人前(社会)に出ること」などの意味ですが、投資の世界で使われる場合には、

経済的なリスクがある度合い・割合
保有する資金や負債などの中で、市場の価格変動リスクにさらされる資産の割合

という意味になります。

例えば、外貨建て資産を持っていて、それが為替ヘッジを行わないものであれば、その資産は為替市場の価格変動リスクにさらされますね。このような外貨建て資産が、保有する資産に占める割合が大きければ、「外貨エクスポージャーが高い」(あるいは「為替エクスポージャーが高い」)といった言い方がされます。

つまり、自分の保有する資産のポートフォリオが「どのくらい」、また「どんな」市場の価格変動リスクにさらされているか、その度合い(あるいは割合)を指す言葉が「エクスポージャー」なのです。

(柏ケミカル@dcp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です