おススメ記事
広告

「韓国はワクチンの貿易収支が赤字だ:-8億ドル」そもそも開発の基礎技術がない

広告

コロナ禍の中、世界的なワクチン獲得競争が起こり、韓国は窮地に陥りました。

前文政権の「ワクチン狂騒曲」

前文在寅政権は「ワクチンスワップ」などという珍案を繰り出しましたが誰にも相手にされず、訪米してワクチンの優先供給を受けることを約束された――などとぶち上げもしましたが、全部うそでした。

前文在寅政権が提唱した構想に「ワクチンハブ」なるものがありました。これは、ワクチンの製造拠点を韓国に造り、世界に供給する――というプランです。

韓国にはワクチンを大量生産する工場があるが、ワクチン自体が開発できない。そこで「技術を移転してくれ」という非常に虫のいいも考え話だったのです。

しかし、そんな韓国にだけ都合のいい話が通るわけもなく、『moderna(モデルナ)』と契約したぞ!と誇ったものの、単に瓶詰め工程を行うだけのものでした。

【残念】韓国は瓶詰め作業を担当するだけ。『モデルナ』とのワクチン製造契約の中身
韓国メディアは「『サムスンバイオロジクス』と『モデルナ』はコロナウイルスワクチンの委託生産契約を締結した」と報道し、「技術移転などを経て第3四半期から韓国で生産が始まる」となっています。 しかし、これはミスリードを誘う書き方です。 ...

時に「韓国はバイオ産業も有力」などと誇ることがありますが、そもそも韓国のバイオ産業というのは、バイオシミラーが基本です。すなわち、特許の切れた薬を成分を同じで作ります――というものなので、ゼロから作りましょうという開発の力は、基本ありません。

ワクチン貿易収支「-8億ドル」で先進国との差は広がるばかりだ

で、現在そのワクチンの話はどうなっているのかというと、『ソウル経済』に興味深い記事が出ています。

『韓国バイオ協会バイオ経済研究センター』の報告書を基にした記事で、人用のワクチンについて韓国は輸出するよりも輸入の方がはるかに多い――という現実を突きつけています。

面白いのは、ワクチンの輸出金額と輸入金額から「ワクチン貿易収支」なるものを算出していることです。

以下をご覧ください。

2022年 韓国「人用ワクチン」貿易収支
輸出: 9億4,100万ドル
輸入:17億4,900万ドル
貿易収支(輸出 – 輸入):-8億800万ドル

貿易収支は「-8億ドル800万ドル」で赤字です。

『ソウル経済』の同記事によれば、韓国のワクチン輸出の相手国では、最大はオーストラリア。次いで台湾、シンガポール、メキシコ、ペルーの順です。

輸入相手国では、ベルギーが最大で、次いでアメリカ合衆国、ドイツ、スイス、フランスとなります。

同記事では以下のような嘆き節も披露しています。

(前略)
ワクチンは、貿易収支の側面だけでなく、保健安全保障の側面でも自給が重要な医薬品に挙げられるが、報告書はいわゆる「ワクチン主権」の確保に対する推進力が最近減少していると診断した。

報告書は「コロナ19でワクチンに対する重要性が大きくなり、昨年国内初のコロナ19ワクチン開発に成功するなどワクチン主権確保のための努力を続けている」としながらも、「コロナ19変異対応改良ワクチン開発遅延、経済性不足、開発そして認可が経験不足などでワクチン主権に対する推進力を失っている」と評価した。

一方、先進国はユニバーサル(汎用)インフルエンザワクチンとインフルエンザおよびコロナ同時予防混合クチンなどを開発しており、今年は呼吸器細胞融合ウイルス(RSV)ワクチンが最初に認可されると予想されるなど、各種呼吸器ワクチン開発に積極的に乗り出している。がんワクチンを現実化させようとする努力も絶えない。

報告書は「先進国がこのような努力を繰り広げる間、韓国は最大の市場が形成された肺炎球菌ワクチン、子宮頸がんワクチンなどでも開発を成すことができず、先進国との格差は大きくなっている」と述べた。
(後略)

⇒参照・引用元:『ソウル経済』「韓国2022年ワクチン貿易収支8億ドル赤字… ワクチン主権はまだ長い道のりです」

そもそもがゼロからの開発という基礎的な力がないので、ワクチン開発が進まないことを嘆いています。しかし、こればかりは一朝一夕には埋めることなどできません。

おっかしな言葉ですが、「ワクチン主権」なるものを確保するのはのぞみ薄と考えられます。

(吉田ハンチング@dcp)

広告
タイトルとURLをコピーしました