2020-10-19

トピック

「ドルウォン」19日(月)21:43・ウォン高急伸!「1,130ウォン台」突入!

2020年10月19日(月)21:43、とうとうウォン高が「1ドル=1,130ウォン台」に突入しました(チャートは『Investing.com』より引用)。 現在のところ天底は「1ドル=1,137.69ウォン」で少しはウォン安...
トピック

【半導体戦争】蘭『ASML』が「オランダから中国への直接出荷に米の許可は要らない」ただし……

アメリカ合衆国が中国に半導体を製造させない・渡さない戦術を取っており、中国最大の半導体メーカー『SMIC』(Semiconductor Manufacturing International Corporation:中芯国際集成電路製造)が...
トピック

中国「トウモロコシ価格」高騰!過去4年で最高値。「食糧危機」への足音か

中国で「食糧危機」が発生するかどうか注視されているのですが、穀物価格は高騰を続けています。2020年10月18日、中国共産党の御用新聞の一つ『環球時報』に「トウモロコシ」の価格が過去4年間で最高に値上がりした、という記事が出ました。 ...
トピック

韓国「425億」突っ込んだが「1億当たり0.44人」の雇用しか生まなかった

雇用創出を行うとして資金を突っ込んできた韓国の文在寅政権ですが、その雇用創出効果というのは極めて貧弱なものだ、という結果が現れました。 『韓国国際協力団』(略称「KOICA」)が2020年に425億ウォンをかけて行った「市民社会協力事...
トピック

「ドルウォン」19日(月)夕刻・うっすく陽転!「1,142ウォン」

2020年10月19日(月)の韓国時間※が終了しました。15:52現在、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 うっすく陽転しました(笑)。ここまでのプライス...
トピック

「韓国株式市場」19日(月)終了・陰線ながら一応は株高進行!KOSPI「2,346」

2020年10月19日(月)の韓国株式市場が締まり、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになりました(チャートは『Investing.com』より引用)。 上昇したかったができなかったというローソク足になりまし...
トピック

韓国公社「大麻会社」に200億突っ込んで「利益出てます」がウソでした

韓国の公社はこんなのばっかり、という話です。 大麻についてはいろいろ議論があるものの、韓国でも日本同様厳しく「麻薬」扱いとなっています。『韓国投資公社』(略称「KIC」)がアメリカ合衆国の大麻を扱う企業に投資していたのですが、「利益が...
トピック

『韓国銀行』が10年間「為替損益」を計上せず!「当行の収支と外貨準備高に急激な変動を生じさせる」

『韓国銀行』について大きな疑念が起こりました。『韓国銀行』は過去10年間、独自の会計基準によって為替の変動による損益を損益として計上していなかった、というのです。 本件を報じた韓国メディア『毎日経済』の記事から以下に引用します。 ...
トピック

中国「輸出管理法」が成立。中国も「リストに掲載し輸出制限をかける」

2020年10月17日、中国は「全国人民代表大会」で「輸出管理法」を可決しました。これは、アメリカ合衆国が中国に対して行っている「輸出管理」に対抗するものです。 この法によって、中国は合衆国と同様に「好ましくない企業・組織リスト」に登...
トピック

「ドルウォン」10月19日(月)初動・ウォン高「1,140ウォン」割れが目前に迫る!

2020年10月19日(月)10:17現在(日本時間)、ドルウォンチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用:以下同)。 現代のところ陰線で下落(ウォン高方向へ進行)しています。 ...
トピック

「韓国株式市場」10月19日(月)初動・外国人「8億」という大変にショボいスタート!

2020年10月19日(月)の韓国株式市場が開きました。10:00現在、KOSPI(韓国総合株価指数)のチャートは以下のようになっています(チャートは『Investing.com』より引用)。 ギャップアップして始まりましたが...
トピック

【韓中通貨スワップ】延長を発表できなかった理由は……という話。「新規契約」なの?

韓中「通貨スワップ」の延長について面白い過去記事を見つけましたのでご紹介します。 韓国当局の苦衷の胸のうちはいかばかりか……みたいな話 何度もご紹介していますが、2017年10月10日に満了を迎えた中韓の「通貨スワップ」は、延長...
トピック

「中国企業」株式に突っ込むのは危険!米当局は警告している

「アリペイ」を運営する『AntGroup(アントグループ)』の新規上場についてアメリカ合衆国当局は強い懸念を持っています。中国企業のファンダメルズには合衆国の鑑査の手が及ばず、疑問符が付くので、上場させてドルを入手させるのはまずいという判断...
タイトルとURLをコピーしました