ツラいのは最初の「タネ銭」をためること

株式投資を行うためにはある程度のタネ銭がなければなりません。今では有名になってしまった個人投資家の皆さんも最初は少ない手持ち資金から始めて、投資を継続することでそれを大きなお金に増やしたわけです。

よく「いくらあれば始められますか?」という質問がありますが、その答えは「いくらからでも」になります。もちろん株式投資の場合、「株価 × 単位株分」のお金がまずないと買えませんので、それがまず目安です。ということは、必要なお金は「株価」と「何株単位」か、によるわけです。ただ、これではいくら要るのかよく分かりませんね。

例えば『夕刊フジ』には「10万円から始める株」というコラムの連載がありますし、10万円で買える株も確かにあります。しかし、「早く増やしたい」「大きく増やしたい」のであれば、タネ銭が10万円では少し頼りないのです。信用売買が可能な金額と考えると、最低でも30万円必要ですし、お金を増やすスピードを考えれば100万円以上はほしいところ。

お金はあるところに集まる」とはよく言ったもので、タネ銭が大きいほど「早く」「大きく」増やすことが可能なのです。なので、問題はやはり大きなタネ銭をつくること、です。この「最初のタネ銭をつくる」のが実は一番ツラいことなのです。

(吉田ハンチング@dcp)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です