「合衆国の株式市場」爆下げ! FOMCは利上げを行うのか?

クリスマス・シーズンだというのに合衆国の株式市場は「爆下げ」トレンド。史上希にみる、というか1929年の「世界大恐慌」以来の下落率を達成しました。なんと90年ぶりのワーストケースです。いったい何が起こっているのか!?と思う人の方が多いのではないでしょうか。だって、現在アメリカの景気はものすごくイイんですから。

注目されるのは12月19日にFOMC(Federal Open Market Committeeの略:連邦公開市場委員会)が予定どおり「利上げに踏み切るかどうか」です。

合衆国のトランプ大統領は「利上げすんじゃねーぞ!」とずっとFRB(Federal Reserve Boardの略:連邦準備制度理事会)とパウエル議長を脅してきました。

株式市場が壊滅状態なのにもし利上げに踏み切ったら、トランプ大統領は発狂しそうに怒り狂い、口を極めてパウエル議長とFRBをののしるでしょう。どんな罵詈雑言を浴びせるのかちょっと見てみたい気もしますが……。

さてFOMCはどうするでしょうか!?

(高橋モータース@dcp)