「ダウ」もグダグダ。「なんだこりゃ」な上昇

過去例を見ないほど上げたアメリカ合衆国の株式市場でしたが、12月27日は一転して600ドル近く下落して……からの急騰を見せました。例えば「NYダウ30種」を見てみると(以下のチャートは『Bloomberg』より引用)、以下のようにグダグダです。最後の一気上げに至っては「なんだこりゃ」というような上昇ぶりでした。

年末ですので市場参加者も少ないのですが、ボラティリティーが高すぎてついていけないという投資家が多いのではないでしょうか。年が明けてもあまり状況は変わらないと予測されていますが、「いよいよ崖っぷちのイギリスのEU離脱問題」「中国対自由主義陣営の人質外交対決」など、事態が流動化する要因ばかりが見えています。ただ、忘れないでいたいのは「合衆国の景気は引き続き絶好調」という点です。

(柏ケミカル@dcp)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です