「回転売買」とは?

回転売買」とは、利益を上げるために「株式等の金融商品の売買を、短期間のうちに何度も繰り返すこと」です。

投資家が自らの判断によって自発的に行っているのであれば、回転売買には何の問題もありません。

しかし、証券会社などが投資家をそそのかして回転売買を行わせている場合は大問題です。証券会社からすれば、各種手数料こそが収入源。売買のたびに手数料も決済されますので、投資家が利益を上げようが、損をしようがおかまいなしに売買を繰り返させようとするのです。証券会社は売買回数が多いほどもうかりますからね。

最近、経済関連のニュースで「回転売買」という言葉をよく見掛けるのは、金融庁が回転売買を強いる証券会社を問題視しているからなのでです。

(柏ケミカル@dcp)

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です